autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎 4ページ目

試乗レポート 2014/5/8 13:02

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎(4/4)

関連: BMW i3 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・ビーエムダブリュー・オートックワン編集部
BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎

薄手なシートに見えて、座り心地やサポート性は良い

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[インテリア:ユーカリウッド/ブラウンのレザーコンビネーションシート等(オプション)]BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[インテリア:ユーカリウッド/ブラウンのレザーコンビネーションシート等(オプション)]

BMW i3の居住性にも触れておこう。フロントシートは前述のように調節機能が部分的に簡略化されたものの、座り心地は満足できる。薄手のシートに見えるが、サポート性は良い。

リアシートは、駆動用電池の搭載で床が少し高い。膝先の空間は、身長170cmの大人4名が乗車して、握りコブシ1つ分。この空間では足を前に伸ばせず、高めの床によって膝が持ち上がった姿勢になり、大腿部が座面から離れる。

なので長距離移動に適したリアシートではないが、座面に底突き感はない。観音開きのドアは、フロント側を開かないとリア側をあけられない不便さはあるが、開口部は相応に確保できる。コンパクトなEVとしては実用性を高めた。

日産リーフに比べ、小さく軽いi3

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎 3

BMW i3がフルに充電された状態で走れる距離は、JC08モード走行で229kmだ。BMWジャパンでは、「お客様には実質160kmくらいが目安と案内している」と言う。エンジンを積んだクルマの燃費に相当する電力量消費率は、JC08モード走行で98Wh/km。リチウムイオン電池の総電力量は21.8kWhになる。

ちなみに電気自動車の先輩、日産 リーフの「X」グレードは、JC08モード走行による航続可能距離が228km。i3と同程度だが、電力量消費率は114Wh/kmで少し多く、リチウムイオン電池の総電力量も24kWhに達する。リーフXは車両重量が1440kgだから、i3のノーマルタイプより180kgほど重い。i3はリーフに比べると、小さく、軽く造られた。

発電用エンジンを搭載するi3 レンジエクステンダー装備車

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[ボディカラー:ソーラーオレンジ/BMW i フローズングレーメタリックアクセント]

BMW i3 レンジエクステンダーは、先に述べたように最高出力が38馬力となる直列2気筒647ccエンジンを発電機として搭載。プレミアムガソリンを使い、燃料タンク容量は9リッターだ。発電された電力を使って走行する時のJC08モード燃費は27.4km/Lに達する。9リッターしかガソリンを搭載できないものの、ハイブリッド走行時の燃費性能も最新型の軽自動車並みだから満足できる。

BMW i3(アイ・スリー) 急速充電風景

車両価格は標準仕様のi3が499万円、レンジエクステンダーを装着すると546万円だ。EVだから経済産業省による補助金の交付を受けられるが、本稿を執筆している2014年4月下旬時点で、平成26年度の補助金額は公表されていない。

なのであくまでも参考として平成25年度の実績を挙げておくと、補助金額はi3が40万円、i3 レンジエクステンダーが75万円だ。補助金額を差し引けば、i3は459万円、i3 レンジエクステンダーは471万円になる。補助金額の違いにより、12万円を加えればレンジエクステンダーの発電機能が手に入る。そのためにBMWジャパンによれば、「大半のお客様がレンジエクステンダーを選ぶ」と言う。

日本はマンションなど、集合住宅の居住比率が高い。総世帯数の約40%、都市部に限れば60~70%が集合住宅に住む。

集合住宅では実質的に充電設備を設けられず、EVを所有しにくいが、レンジエクステンダーなら不可能ではない。燃料タンク容量が9リッターだから、長距離の移動には向かないが、日常的な買い物などには使える。ハイブリッド走行と、公共施設などでの高速充電を上手に併用すれば良いからだ。レンジエクステンダーは、BMW i3にとって付加的な機能だが、日本の住宅環境ではブレークスルーとしての大きな価値を持つ。

新ジャンル、肉食系EV!?

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車

それにしても、BMWはウマイところを突いてきた。EVは草食系グルマの代表に思えるが、i3の運転感覚はけっこう肉食系だ。特に既存のBMWユーザーがi3に代替えすると、根底に共通した考え方があることに気付くだろう。

今後、補助金を差し引いたi3レンジエクステンダーの価格が、BMW X1の「20i」グレードなどと同等、つまり400~420万円程度になれば、注目度はさらに高まると思う。こういうクルマ、本当は「EV先進国」を自認する国産メーカーからデビューして欲しかった。

[レポート:渡辺陽一郎]

「BMW i3 レンジエクステンダー装備車」 主要諸元

全長x全高x全幅:4010x1775x1550mm/ホイールベース:2570mm/車両重量:1390kg/駆動方式:後輪駆動/乗車定員:4名/ドア数:5ドア/ステアリングホイール位置:右/駆動用バッテリー:リチウムイオン電池/総電力量:18.8kWh/電気モーター最高出力:170ps(125kW)/電気モーター最大トルク:25.5kg・m(250N・m)/エンジン総排気量:647cc/エンジン種類:2気筒・4バルブ/エンジン最高出力:34ps(25kW)/4300rpm/エンジン最大トルク:5.6kg・m(55N・m)/4300rpm/タイヤサイズ:(フロント)155/70R19・(リア)175/60R19/車両本体価格:546.0万円[消費税8%込み]

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[ボディカラー:ソーラーオレンジ/BMW i フローズングレーメタリックアクセント]BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[ボディカラー:ソーラーオレンジ/BMW i フローズングレーメタリックアクセント]BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[ボディカラー:ソーラーオレンジ/BMW i フローズングレーメタリックアクセント]BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[ボディカラー:ソーラーオレンジ/BMW i フローズングレーメタリックアクセント]BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー装備車[ボディカラー:ソーラーオレンジ/BMW i フローズングレーメタリックアクセント]

BMW i3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW i3 の関連記事

BMW i3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW i3 の関連記事をもっと見る

BMW i3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24