autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 軽量化ボディによる一体感ある走り!思わず笑顔になる BMW 新型 7シリーズ海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/9/19 16:35

軽量化ボディによる一体感ある走り!思わず笑顔になる BMW 新型 7シリーズ海外試乗レポート(2/2)

関連: BMW 7シリーズ Text: 九島 辰也 Photo: ビー・エム・ダブリュー
軽量化ボディによる一体感ある走り!思わず笑顔になる BMW 新型 7シリーズ海外試乗レポート

中国市場を意識し、全てのモデルに4WDを設定

BMW 750Li xDrive

試乗は4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「750Li xDrive」 と冒頭に記したディーゼルユニットを搭載した「730d」だった。

パワートレーンは劇的な進化はなく、今回のプレゼンテーションでも時間は割かれなかった。 ただしxDrive、つまり4WDモデルが追加されている。

BMW 750Li xDriveBMW 750Li xDrive

それも本国のカタログをチェックするとすべてのモデルにそれがあった。

中国など路面の舗装状況がまだそれほどよくないエリアでは4WDを欲する声があるのだろう。今回はそうしたニーズに対応したと思われる。

では実際に走らせるとどうなのか?

実は初日にステアリングを握った750Li xDriveはそれほど琴線に触れなかった。

フラットライドなエアサスの効果はあるものの“らしさ”はあまり感じなかったからだ。ロングホイールベースということで“走り”のテイストはスポイルされている。

もちろん、絶対的なパフォーマンスは十分で、過給機がグイグイ加速させる。

今回テストコースとなるワインディングは上り坂が強調されるところが目立ったが、それを余裕でクリアする新型7シリーズの頼もしさはは垣間見ることが出来た。

いつかは“7シリーズ”

BMW 730dBMW 730d

それに対し、2日目に乗った730dはすばらしかった。

冒頭で笑顔になったのはこのクルマ。キッチリ“BMWらしく”動く。3シリーズを基点に鑑みれば、このサイズでもイメージ同等、もしくはそれ以上に走るのだから感動的だ。運動性能は高く、ヒラリヒラリとコーナーを駆け抜ける。

その要因はズバリ軽量化されたフレームにある。このサイズ、このホイールベースの長さにおいてリアセクションの一体感はすごい。あとから考えれば、ロングホイールベースの750Li xDriveも相当だったのだろう。

高級車的なオブラートに包まれたフィールがそれを感じさせなかったのかもしれない。もちろん、フレームだけでなくボディ全体を軽く感じさせたのはターボ付きディーゼルエンジンの特徴も大きい。そもそも低回転で太いトルクを発生させるユニットなのだから当然といえば当然だ。

ただ、いまさらではあるがガソリンエンジンほど回さずしてこれほどスポーティに感じるのだから驚きは隠せない。

モータージャーナリストの九島辰也さん

といった今回のテストドライブ。

7シリーズはジェントルだが、ヤンチャな大人のイメージのあるクルマだけにいつかは乗りたい1台。しかも新型7シリーズは世界初となる自動駐車システム“リモートコントロールパーキング”付き。いつかこいつでジェームズ・ボンド張りのカーライフを送るのもワルくない。

[レポート:九島辰也]

BMW 730dBMW 730dBMW 730dBMW 730dBMW 730d
筆者: 九島 辰也

BMW 7シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 7シリーズ の関連記事

BMW 7シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 7シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 7シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23