【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~(1/2)

【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~
【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~ 【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~ 【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~ 【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~ 画像ギャラリーはこちら

飛行機の発着時に忙しく動き回る「はたらくクルマ」たち

羽田空港へ到着する国内便は、約50分後には別の目的地へ飛び立つと言う。そのため航空機がゲートへ到着し乗客が降りるタイミングで、様々な「はたらくクルマ」が機体の周りへと集まる。

今回、航空機の間近で到着~出発までを見せてもらったが、客室の下側にある貨物室から手荷物や貨物の入ったコンテナの積み下ろしを行なう「ハイリフトローダー」、航空機の後方にあるバラ積み貨物室から手荷物などの積み下ろしを行なう「ベルトローダー」、飲料水を補充する「ウォーターカー」、汚水を回収する「ラバトリーカー」、ゴミを収集する「トラッシュカー」、そして給油を行なう「給油車」など様々な働くクルマが活躍している。

◎参考:【はたらくクルマ】トーイングカー ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.1~[2015年4月17日]

【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~

ハイリフトローダー・ベルトローダーの活躍シーン

【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~
【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~

ちなみに荷物を運ぶ、給油/給水を行なう車両は街中でも見ることができるが、航空機の真下で働くと言うことから全高がかなり抑えられているのが、空港で働くクルマならではの特徴とも言えるかもしれない。

これらの働くクルマたちは航空機の間近で作業を行なうのだが、例え軽い接触であっても航空機の運航に支障を起こしてしまうため、航空機に一切触れないように細心の注意を払いながら作業を行なう。

実は筆者は以前、別の航空会社を使用して海外取材に行く際に、搭乗中に航空機と働くクルマの接触が原因でフライト中止を経験している。些細なミスも起こさないために、ここでも“人の技”が重要になってくるのだ。

航空機の周りではたらくクルマの代表格「トーイングトラクター」

【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~
【はたらくクルマ】トーイングトラクター ~JALの定時運行を支える、空港のはたらくクルマ Vol.2~

そんな航空機の周りで働くクルマの中で最も台数が多いのが、手荷物や貨物のコンテナやパレットなどを航空機からターミナルまで運ぶ「トーイングトラクター」(TT)だろう。

現在活躍しているモデルの多くは、フォークリフトの製造も行なうトヨタL&F製である。ボディサイズは全長3.6×全幅1.4×全高1.4mと軽自動車に近い2シーターのオープンモデルだが、車両重量は何と3.6トン。バンパーやフェンダー、パネルなどは厚いスチール製で構成されているが、これはトーイングカーと同様に車重をタイヤのグリップに活かすためである。

[次ページへ続く]

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる