時速何kmで走るのが一番燃費がいいの?

時速何kmで走るのが一番燃費がいいの?
ホンダ モビリオスパイク マツダ デミオSKYACTIV 画像ギャラリーはこちら

時速何kmで走るのが一番燃費がいいの?

ホンダ モビリオスパイク

時速何kmで走るのが一番燃費がいいのか教えてください。

ホンダのモビリオスパイクに乗っていますが、運転中に燃費のメーターを、こまめにチェックしていると、高速道路でビューンと走ったほうが燃費よく走れているときが多いです。

感覚としては、80km/hあたりが一番良い気がします。また、どの自動車もちょうど良いスピードというのは、同じかと思っていたんですが、もしかしたら・・・エンジンの排気量とかで一番最適な速度ってかわるのかなと。

たとえば、軽自動車のような小さいエンジンで100km/h以上出すと、効率悪そうに感じます。実際のところ、どうなんでしょうか。教えてください!!(乙さん)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

乙さんは研究熱心ですね。

研究と発見は、人生最大のヨロコビです。興味のあることはどんどん研究していきましょう!

さて、ご質問ですが、おっしゃる通り80km/hは、ガソリンエンジンなど内燃機関を動力とする自動車にとって、最も燃費のいいゾーンです。遅い方が燃費がよさそうに思えますが、そうではありません。

なぜかと言いますと、ガソリンエンジンには、ギアがついています。これは、ガソリンエンジンにはエネルギー効率のいいエンジン回転数のゾーンがあり、そこをうまく使うためなのです。

ガソリン乗用車の場合、一番高いギアに入るのは50~80km/hくらいです。CVTのような無段変速車でも、変速比には限界があるので、これくらいの速度で、いわゆる「一番ギア比が高い状態」になります。 その速度でずっと走り続けるのが、おおむね「最も効率よく距離を稼げる速度」ということになるわけです!

空気抵抗は速度の2乗に比例して大きくなりますが、実用上問題になってくるのは、70~80km/hより上。こういった条件が重なって、50~80km/hくらいで一定速走行するのが、最も燃費が良くなるクルマが多いのですよ。

この50~80km/hの差は、主に「トップギアに入る速度」で決まります。

50km/hでトップギアに入るクルマなら、空気抵抗のより少ないその速度で、延々走り続けるのが最も燃費が良くなります。しかしそういうクルマは、高速道路での燃費が悪化してしまいますよね?

かつてのコンパクトカーや軽自動車は、3~4速ATが主流だったので、50km/hくらいで走り続けた方が燃費が伸びました。ただ、一般道でも高速道路でも、その速度で走り続けるのはちょっとムリですね。

現在は、小型車の主流はCVT。CVTは変速比が非常にワイドな分、70~80km/hで最もギア比が高くなるクルマが多く、その分高速燃費を稼げて実用燃費が向上し、ユーザーが喜ぶ。それもあって、CVTがどんどん普及しているのです。スパイクもCVTなので、80km/hが最も燃費がいいのでしょう。

マツダ デミオSKYACTIV

ちなみにデミオ・スカイアクティブ(CVT)も、「80km/hでの巡航が最も燃費がよかったであります!」と、弊社スタッフ・マリオ二等兵が報告していました。

そのクルマの最も燃費のいい速度域は、エンジン特性も関係ありますが、現在の実用車はたいてい低速トルクを重視した省燃費型の特性なので、主にミッションで決まると考えていいでしょう。

トルコンATも、かつての3~4段から、現在は5段~8段へと多段化が進んでいます。たとえば私が今愛車にしているシトロエンC5は、70km/hで6速に入るので、80km/hくらいでの巡航が、最も安定して燃費よく走れます。 ただし、50km/hに落としても、ほとんど燃費は変わりません。それは、動力側の効率が落ちる分、空気抵抗は減るからなんです。

現在のクルマは、50~80km/hでの巡航なら、ほとんど燃費が変わらない、高原状の「省燃費速度ゾーン」を持っていると考えていいでしょう。

現実には、高速道路での巡航は80km/hくらいが下限で、それより遅く走るのは周囲の迷惑になりますよね? いろいろ考えると、80km/hが一番燃費がいい速度域、ということになります。

MJブロンディの「ひとりごと」

50~80km/hではほとんど燃費は変わりませんが、80km/hから100km/hに速度を上げると、空気抵抗は一気に4割近く増加します。100km/hでは、走行抵抗の半分以上が空気抵抗になり、燃費に非常に大きく影響してくるのです。

これだけ抵抗が増えて、燃費が向上するということは、通常はあり得ません。

100km/h以上の速度の方が燃費がいいのは、エンジンが超高回転型のスポーツカーなど、低い回転で走ることを前提としていない、特殊なクルマに限られることになりますね。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ザ・ホテル青龍 京都清水

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる