高速の渋滞では左車線の方が速い?

高速の渋滞では左車線の方が速い?
中央道 上野原付近の渋滞 画像ギャラリーはこちら

高速の渋滞では左車線の方が速い?

先日、テレビを見ていたら清水先生が登場して、「渋滞では左車線が速い」と言っていました。

さっそく実践してみたところ、確かに最初は左車線が速かったですが、そのうち同じになってしまいました。あれは本当なのでしょうか?

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

「左車線が速い」というのは極言のしすぎでしたね。「左車線が速いことが多い」と言うべきでした、スミマセン。

TBS『がっちりアカデミー』で言ったように、高速道路の渋滞は、まず追い越し車線から始まります。これは交通学会でも定説の、渋滞の鉄則です。

道路が混雑してくると、平均速度が徐々に下がってきます。すると、速く行きたいクルマが次々と追い越し車線に割り込んできて、追い越し車線の交通量が他の車線より多い状態になります。最終的には、追い越し車線が交通容量を超え、“サグ”をきっかけに渋滞が始まるんです。

追い越し車線で渋滞が始まると、そこを走っていたクルマの一定割合が「うわ、たまらん」という感じで左に逃げてきます。それで後続車がブレーキを踏みます。そうやって左側車線にも渋滞が“伝染”して、全体が渋滞するのです。

つまり、渋滞の震源地は常に追い越し車線。よって、「渋滞では左車線の方が速い」というのが原則になるわけです。

ただ、渋滞にはケースバイケースの要素も多々あるので、いつも左車線が速いとは限りません。例えば夕方の渋滞は、帰宅するクルマが大部分です。すると、渋滞の途中のインターで降りるクルマの方が多い。つまり左車線はクルマの台数が徐々に減るので、左が速い度合いが高くなります。

一方朝の渋滞は、これから出かけるクルマが大部分。渋滞の途中のインターから、多くのクルマが高速に乗り入れてきます。すると、左車線はどんどんクルマが増えます。この状況では、左車線が速いという原則が崩れることがあります。

高速道路が途中で狭くなっている(車線数が減っている)場合は、「割り込まれる側」の車線より「割り込む側」の車線の方が流れが速くなります。一箇所で交互に割り込みが行われれば、速さはどちらの車線も同じになりますが、実際にはいろんな場所で好き勝手に割り込みが行われるので、結果として割り込む台数の方が多くなります。つまり、消える車線にいたほうが速いわけです。

中央道 上野原付近の渋滞

中央道上り線は、上野原インター手前で片側3車線から2車線に減っています。ここは、左車線が右に合流して「消える」形なので、左車線にいたほうがかなり速いです。

しかし、舞鶴若狭道の福知山インター手前のように、右車線が左車線に合流して消える場所もあり、そこでは右車線が速い。

どっちの車線が消されるか、ポイントごとに覚えておけば、速い車線を選択することができますね。そして大事なポイントは、番組でも言ったように、「合流は最後の最後まで待ってから行った方がより速い」ということ。早く割り込むほど損をします。

すべての人が「最後まで待って合流」を実践するようになれば、左と右の速度差は解消され、左右平等に、全体としてはよりスムーズに流れるようになると言うわけです。

MJブロンディの「ひとりごと」

実はあの番組放送直後の7月の3連休、左車線が速い度合いがぐっと小さくなっていた気がしました。データではなく感覚なので断言はできませんが・・・。

実は、10人にひとりのドライバーがあの番組を見ていて、「左の方が速い」を実践すれば、それでもう左車線が速い要素はほぼ消えてしまうんです!

テレビの影響は恐ろしいですね。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

上記URL、もしくは

マイページにログイン」 →「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】

からも投稿頂くことができます。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる