【高速道路】高速道路の法定路線名には不思議がいっぱい!

【高速道路】高速道路の法定路線名には不思議がいっぱい!
高速道路イメージ 画像ギャラリーはこちら

【高速道路】高速道路の法定路線名には不思議がいっぱい!

高速道路イメージ

日本の高速道路の法定路線名を見ると、いくつか興味深いものがあります。

その1)新空港道と関西空港道は、それぞれ正式には「成田国際空港“線”」と「関西空港“線”」であり、他の名称がすべて「自動車道」であるとのは違っています。

新空港道は延長3.9キロで、日本一短い高速自動車国道です。関西空港道も6.6キロしかありません。つまり短すぎるがゆえに、「自動車道」ではなく「線」にされたのです。

その2)上信越道は、関越道の支線で、法定路線名は関越自動車道です。

その3)長野道は、中央自動車道の支線です。

その4)外環道は、東関東道、常磐道、東北道の一部という扱いで、特に練馬~川口間は、3路線が重複している形ですが、なぜこうされたのか謎です。また、関越道の始点は「三鷹市」となっており、外環道東京区間の三鷹付近(中央道との結節点)までは、関越道の扱いであることがわかります。

その5)関門橋は関門自動車道(延長9.4キロ)でかなり短いですが、「線」ではなく「自動車道」です。ただ、中国道とも九州道とも独立した存在であるにもかかわらず、道路案内標識には「関門自動車道」という表記がまったくなく、中国道と九州道が、橋を境にあいまいに連続しているように感じさせます。

MJブロンディの「ひとりごと」

法定路線名は、実用性をまったく考慮せずにお役所仕事でつけられているので、いくつもの区間で重複していたり、飛び飛びになっていて、辿っているとだんだん阿呆らしくなってきますが、鉄道ファンのような、妙なマニア感には浸れます。

※増刷決定、高速道路の面白ネタ満載! 清水草一著『高速道路の謎』(扶桑社新書)、絶賛発売中。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる