【フェラーリ神話】創業以来、宣伝広告費はゼロ!

【フェラーリ神話】創業以来、宣伝広告費はゼロ!
画像ギャラリーはこちら

フェラーリに関する神話のひとつに、こういうものがあります。

「フェラーリ・ネバー・アドバタイズ」

フェラーリは決して広告をしない。広告などする必要がない。買いたい者は、「売ってください」と頭を下げてやってくる。そういうことです。

これは決してウソ偽りではなく、実際にフェラーリ本社は、創業以来ただの一度も宣伝・広告をしたことがありません。仮に雑誌広告があったとしたら、それは地元ディーラーが出したもので、本社は創業以来、一銭も広告費を出したことがないのです。

こんなことは、通常の自動車メーカーでは絶対あり得ません。

もともとフェラーリはレースをやるために創業された会社で、市販車の販売はその資金稼ぎとして始められたという経緯があります。広告をしてまで売る気など、さらさらないのです。

あえて言えば、F1マシンを走らせていることが最大の広告ですが、フェラーリにとってはF1での勝利こそが会社の存在目的で、決して市販車の宣伝のために走っているわけではありません。

そのあたりが、他のF1参戦自動車メーカーと根本的に異なります。

ですから、フェラーリだけは「景気が悪くなったからF1から撤退します」ということはあり得ません。逆に「市販車の生産から撤退してF1に専念する」という可能性ならあります。

MJブロンディの「ひとりごと」

昨年、レギュレーション問題でフェラーリが他のメーカーと連合してF1から撤退すると報道されましたが、フェラーリが現在のF1主催団体から脱退したとしても、必ず他のF1レースを立ち上げます。

その場合、フェラーリがいる団体がF1の本家となることは確実。フェラーリのいないF1など考えられないからです。逆に言うと、F1グランプリというレースは、フェラーリと一緒に走ることに意義があるのです。

フェラーリはF1の太陽なので、太陽のいない太陽系などあり得ません。

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フェラーリの最新自動車ニュース/記事

フェラーリのカタログ情報 フェラーリの中古車検索 フェラーリの記事一覧 フェラーリのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる