autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型V60 Cross Country 公道試乗|“本格派クロスオーバー”の実力を試す 2ページ目

試乗レポート 2019/5/15 14:59

ボルボ 新型V60 Cross Country 公道試乗|“本格派クロスオーバー”の実力を試す(2/2)

関連: ボルボ V60クロスカントリー Text: 島下 泰久 Photo: 佐藤 正巳
ボルボ V60 Cross Country
ボルボ V60 Cross Countryボルボ V60 Cross Countryボルボ V60 Cross Countryボルボ V60 T5 Inscription画像ギャラリーはこちら

ガソリンエンジン×AWDの恩恵を感じさせる“Cross Country”の乗り心地とは

エンジンはお馴染みの直列4気筒2.0L ターボで、最高出力254ps、最大トルク350Nmを発生する。トランスミッションは8速ATである。

ボルボ V60 Cross Country

車重は1810kgと軽いわけではないが、パワー、トルクともに十分以上で走りっぷりは快活だ。多人数で乗るときも荷物を満載するときも、不満を感じさせることはないに違いない。

また、V60では特に雨の中で不用意にアクセルを踏み込みすぎた際など、そのパワーとトルクに対する前輪のトラクション不足が露呈して、ホイールスピンが簡単に起こりがちだったが、V60 Cross CountryはAWDということもあり、コンディションの悪い路面でも、まったくその素振りを見せることはなかった。実はプラグインハイブリッドではないガソリンエンジン搭載のV60とAWDの組み合わせは、このCross Countryだけになるが、その恩恵は大きい。

ストロークが増したことで乗り心地は上々。可変ダンピングシステムはオプションでも用意されないが、大きな不満に繋がることはないだろう。一方、フットワークは操舵初期には軽快に反応するものの、その先は思ったほどには曲がっていってくれず、一発でラインに乗せるのが難しい。これだったらステアリングの中立付近も穏やかな設定の方がリラックスして走れるだろう。

充実した安全装備・運転支援機能

ボルボ V60 T5 Inscription

先進安全装備、運転支援技術はV60と同様に充実している。たとえばCity Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)に追加された対向車対応機能は、前走車だけでなく対向車との衝突が避けられないと判断された場合にも、まずは衝突警告を行なうとともに前席シートベルトを巻き取り、ブレーキを作動させて衝突速度を最大10km/h低下させる。改めて言うまでもなく、この10km/hが生死を分ける可能性は十分にあるだけに、いざという時の効果は大きい。

また、右折時対向車検知機能は、右折中に直進する対向車との衝突の可能性が高まると車両がブレーキをかける。これらはほんの一例だが、自分だけでなく相手の被害を避ける、あるいは軽減することに繋がる機能だけに、とりわけ今の御時世、注目に値するはずだ。

ラインナップはT5 AWD/T5 WAD Proの2グレード、オススメはどっち?

ボルボ V60 Cross Country

V60 Cross Countryのラインナップは2グレード。T5 AWDが549万円、T5 AWD Proが649万円というプライスタグを掲げる。後者には前述の通り19インチのタイヤ&ホイール、ナッパレザーシート、さらにはharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムが装備され、キーレスエントリー、パワーテールゲート等々、利便性を高める多くの装備も標準となる。

いずれもアウディ A4オールロード、VW パサート・オールトラックといったライバル達と装備まで含めて見較べてみれば、かなりお値打ちであることはすぐに解る。

ボルボ V60 Cross Country

尚、T5 AWDでも40万円のレザーパッケージを選べば本革シートやキーレスエントリー、パワーテールゲートなどが付いてくるが、個人的にはT5 AWD ProのT-Tec/テキスタイル・コンビネーションシート仕様、もしくはT5 AWDレザーパッケージのレザーシート抜きが欲しい。

街乗りならば高級レザーもいいけれど、アウトドアを楽しむギアならば、内装はもっとざっくりしたタッチでも悪くないじゃないか。そう考える人は、きっと他にも居るはず。

最近、絶好調のボルボである。そういうワガママにも耳を傾けてくれると嬉しい。

[筆者:島下 泰久/撮影:佐藤 正巳]

ボルボ 新型V60 Cross Country スペックと価格

新型V60 Cross Country スペック
グレード T5 AWD T5 AWD Pro
駆動方式 AWD AWD
トランスミッション 電子制御8速AT 電子制御8速AT
価格(消費税込) 5,490,000円 6,490,000円
JC08モード燃費 11.6km/L 11.6km/L
全長 4785mm 4785mm
全幅(車幅) 1895mm 1895mm
全高(車高) 1505mm 1505mm
ホイールベース 2875mm 2875mm
乗車定員 5人 5人
車両重量(車重) 1810kg 1810kg
エンジン 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ
排気量 1968cc 1968cc
エンジン最高出力 187kW(254PS)/5500rpm 187kW(254PS)/5500rpm
エンジン最大トルク 350N・m(35.7kg・m)/1500~4800rpm 350N・m(35.7kg・m)/1500~4800rpm
燃料 無鉛プレミアムガソリン 無鉛プレミアムガソリン
筆者: 島下 泰久

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60クロスカントリー の関連編集記事

ボルボ V60クロスカントリーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60クロスカントリー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR