欧州車のくすんだメッキパーツをピカピカに! メッキ保護剤メッキングとサビトリキングを試してみた

  • 筆者: 小林 岳夫
  • カメラマン:小林 岳夫

メッキングとサビトリキングでメッキパーツの白サビを除去して保護する!

古い欧州車に乗るオーナーにとってアタマの痛い悩みのひとつが、メッキパーツのメンテナンスではないだろうか。

メッキパーツに白サビが出てくすんでしまう主な原因は、アルカリ性の液体が付着して化学反応を起こしてしまうため。化学反応によるメッキパーツの腐食は、表面だけでなく内部まで浸食してしまうため、簡単には落ちてくれず厄介なことこの上ない。

量販店で販売されている商品を使って白サビの除去をトライしたものの、なかなか綺麗にならないメッキパーツに途中でココロが折れて諦めてしまった人も多いのではないだろうか。

かくいう筆者もうっすらと白いドアモールやルーフレールに閉口しつつ、ずっと気付かないフリをしてきたが…、やはり気になって仕方がない!

そのことをオートックワン編集部に相談してみると「これを使ってみたら?」と、ある商品を渡された。それが、今回紹介する「メッキング」というメッキ保護剤と、サビ取り剤「サビトリキング」だ。

メッキを外気からシャットアウトすることで輝きを保ち続ける「メッキング」

NAKARAIが販売する「メッキング」は、メッキ部品専用に開発された特殊な保護剤。メッキングを塗布することによりメッキを保護できる原理は、メッキ表面にある無数の小さな穴を埋め、メッキ自体をコーティングすることにより素材を外気からシャットアウトできることにある。

また、メッキングは少量で非常に広い面積を塗布することが可能なので、メッキパーツにあらかじめ塗布しておくだけでパーツの研磨作業や交換が不要となるため、お財布にもとても優しいのだ。

メッキングをメッキやアルマイトメッキに塗布することで、素材が外気に触れず腐食が進むことが無くなるため、新品メッキの輝きを永続的に保ち続ける事ができるというわけだ。

>>メッキの腐食を防ぐならNAKARAIの「メッキング」! Vol.1 どうしてメッキは劣化するの編

まずはサビトリキングを塗布し、メッキパーツの輝きを復活させる

まずは、メッキパーツの白サビを除去するためにサビトリキングを塗布する。基本的にサビトリキングはクロームメッキ用のサビ取り剤とのことだが、せっかく編集部にいただいたのでアルマイトモールに塗布して効果を試していく。

するとどうだろう、パーツの汚れを十分に落としてからサビトリキングを使った事で、くすんでいたメッキパーツの表面が徐々に輝きを取り戻していくではないか。

本来サビトリキングはアルマイトモールに対して効果は無いはずだが、今回は比較的軽度のくすみだった為アルマイトモールにも効果があった模様だ。

メッキパーツが十分に輝いたらメッキングの出番だ。メッキングを専用のクロスにほんの数滴垂らして、とにかく薄く延ばしていくように塗り込んでいくのだ。

つい大量に塗ってしまいそうになるが、それは結果的に表面がムラだらけになってしまうだけなので、焦らず丁寧に伸ばしていこう。メッキングのポイントは「薄く塗って伸ばすだけ」なのだから、これほど簡単なことはないという印象。

メッキングは塗布したのちに硬化するまで約1日かかるので、その間は雨が当たらない場所にクルマを移動しておこう。

アルマイトメッキは外気に触れた瞬間から腐食が始まってしまうため、折角メッキパーツを磨いてもメッキングを塗布しない場合はまたスグにくすんできてしまうとのこと。

そのため、メッキングを塗布したことによる見た目の効果が出るのは約2週間後からということだ。さて、メッキングを塗布した部分は2週間後も綺麗なままなのだろうか!?

輝きを取り戻したメッキモールが綺麗なまま保たれていた!

いかがだろうか。メッキングの塗布から2週間が経過しているが、輝きが保たれたままだということが良く分かる。

マスキングテープを剥がした場所を境に光沢が深くなっており、アルマイトメッキ本来の質感がそのまま保たれているという印象である。

今回はややマットシルバーなアルマイト加工のアルミ合金パーツに塗布したので、どこまで視覚的な変化が出るかが不安だったが、少ない面積でこれだけの差が出るならば、全体に施工すればかなり雰囲気が変わることだろう。

さらに、メッキングの強力な皮膜で永続的に輝きが保てるという点では、鏡面仕上げのメッキパーツの保護にはこの上なく心強いメンテナンス用品ではないだろうか。

既にくすんでしまっているメッキパーツには「サビトリキング」で磨いたあとに「メッキング」を塗布して保護すればOK。まだ綺麗なメッキパーツの輝きを保つ為には「メッキング」だけ塗布して保護してあげればOKだ。

NAKARAIのメッキングとサビトリキングは、旧型車や新型車を問わず、愛車の輝きをずっと保ち続ける為にたいへん効果のある商品であることが分かった。

>>メッキングの商品ページはコチラ

[Text/Photo:小林岳夫]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小林 岳夫
筆者小林 岳夫

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン パサートヴァリアントの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン パサートヴァリアントのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン パサートヴァリアントの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン パサートヴァリアントの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン パサートヴァリアントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる