ガチのライバル不在! トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーが開拓したのは他社が挑まないSUV未開の地だった【ライズが売れる理由】

画像ギャラリーはこちら
トヨタ最小のコンパクトSUV「ライズ」と、兄弟車「ダイハツ ロッキー」が売れている。2020年1月から12月の販売は、2台を合算すれば実質1位の実力だ。そんな人気の2台が売れ続ける理由は、他社にない隙間を狙う商品企画の勝利にあった。モータージャーナリストの鈴木 ケンイチ氏がレポートする。
目次[開く][閉じる]
  1. 2020年、もしライズとロッキーを合算していれば「ヤリス」を上回るNo.1の売れ行きだった!
  2. 他社が挑まなかったAセグメント市場に切り込んだトヨタ・ダイハツの見事な商品企画
  3. いまだガチのライバルも不在! 他社が続々とSUVを投入する前に発売出来たタイミングも後押し

2020年、もしライズとロッキーを合算していれば「ヤリス」を上回るNo.1の売れ行きだった!

トヨタの「ライズ」とダイハツの「ロッキー」は、どちらもダイハツが開発・生産する、コンパクトSUVだ。ダイハツの工場で作られ、トヨタがOEM製品として「ライズ」の名称で販売する。ダイハツでの製品名は「ロッキー」となる。この2台は、2019年11月に発売となった。

その「ライズ」と「ロッキー」が売れている。いや、大ヒットした。2019年11月のデビュー直後となる、翌12月は登録車の新車販売ランキング(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)で、「ライズ」が2位に飛び出た。年が変わって、2020年1月と2月は1位を獲得。トヨタ名義とはなるのもの、ダイハツの生産する登録車が販売ナンバー1になるのは、これが初めての快挙だ。ただし、2020年2月にはトヨタ「ヤリス」が発売され、春以降の月間ランキング1位を「ライズ」から奪ってゆくことになる。

製造を担当するダイハツでも過去最高の生産台数を記録

しかし、それでも1~6月の販売では「ライズ」が1位を獲得。発売開始が「ヤリス」よりも、3か月ほど早かったのが効いた格好だ。そして、2020年1~12月の販売ランキングでは、1位が「ヤリス」、2位が「ライズ」に。トップの「ヤリス」と2位「ライズ」の差は、わずか2万5000台ほど。兄弟車である「ロッキー」が24位で3万1153台だったことを考えれば、「ライズ」+「ロッキー」と計算すれば、登録車ナンバー1は「ライズ」&「ロッキー」のものであったのだ。これほどの好成績は、ダイハツの登録車としては、過去最高となる。

そして、ダイハツの2020年1~12月の登録車の累計生産台数は33万3868台となり、過去最高を記録している。

他社が挑まなかったAセグメント市場に切り込んだトヨタ・ダイハツの見事な商品企画

そんな「ライズ」と「ロッキー」は、なぜそれほどのヒットになったのだろうか。いろいろな理由がからみあうだろうが、基本的に「商品の良さ」がベースにあると言っていいだろう。

その「商品の良さ」にも、いろいろなポイントがある。まず、挙げたいのが「商品企画の良さ」だ。「ライズ」「ロッキー」は、どんなクルマかといえば「AセグメントのコンパクトSUV」だ。Aセグメントというのは、登録車として最も小さなクラス。ここにSUVを投入しようと考えた、商品企画が素晴らしい。

近年の自動車業界で流行っている車形はSUVだ。そのため、各メーカーから、さまざまなSUVが投入されている。ところが、Aセグメントにはクロスオーバーばかりで、SUVと呼べるのは「ジムニーシエラ」しかなかった。そして、「ジムニーシエラ」は、軽自動車派生で、しかも3ドアの本格派クロスカントリー車。玄人向けの実用モデルという色合いが濃い。つまり、今、流行りの乗用SUVではない。そこに乗用SUVである「ライズ」「ロッキー」を投入。SUVブームだというのに、ライバル不在なのだから、それは売れるだろう。

実サイズ以上に大きく立派に見えるデザインも功を奏した

さらに、「ライズ」「ロッキー」は、実際に見ると、意外と大きく感じる。デザインもいかにもSUV風だ。そして。内装の質感も悪くない。見栄えもいいのに、実はお買い得。端的に言えばコスパが良い。ダイハツ得意の「良品廉価」を地で行く製品であったのだ。

世のSUVブームという追い風をAセグメントというライバル不在の地で、見事にキャッチしたのが「ライズ」と「ロッキー」だったのだ。

いまだガチのライバルも不在! 他社が続々とSUVを投入する前に発売出来たタイミングも後押し

また、2019年11月という「ライズ」「ロッキー」の発売のタイミングも良かった。

冷静になって見渡せば、AセグメントこそSUVはいないが、その上のBセグメントにはトヨタの「ヤリスクロス」、ホンダ「ヴェゼル」、日産「キックス」、マツダ「CX-3」という人気モデルがうじゃうじゃといる。しかし、「キックス」は2020年6月、「ヤリスクロス」は2020年8月、「ヴェゼル」は2021年4月にデビュー&フルモデルチェンジしている。残る「CX-3」は、2015年のデビューから5年目という古いモデルとなる。

つまり、「ライズ」「ロッキー」が売れまくった2020年前半、コンパクトSUV市場は旧型ばかり。まさにライバル不在に「ライズ」「ロッキー」は売り抜いたのだ。

逆に言えば、2020年後半から2021年にかけて、ライバルが続々と登場したことになる。そのためか2021年1~6月の販売ランキングでは、「ライズ」が6位、「ロッキー」が31位。明らかに前年と比べると旗色が悪くなっている。それだけ2020年前半は、「ライズ」「ロッキー」にとって良い時期だったのだろう。

デビューから2年が過ぎようとするが真のライバル車は現れず

とはいえ、AセグメントSUVで「ライズ」「ロッキー」は、いまだライバル不在。まだまだ、この2モデルの販売は、堅調に続くことだろう。

ちなみにダイハツは、2021年3月にマレーシアで「Ativa」、4月にインドネシアで「Rocky」という、「ライズ」「ロッキー」をベースとしたコンパクトSUVを発売している。このコンパクトSUVがダイハツに果たす貢献度は、まだまだ大きくなる予定だ。

[筆者:鈴木 ケンイチ/撮影:土屋 勇人・TOYOTA]

トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
167.9万円228.2万円
中古価格:
156.8万円331.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
鈴木 ケンイチ
筆者鈴木 ケンイチ

1966年9月15日生まれ。茨城県出身。国学院大学卒。大学卒業後に一般誌/女性誌/PR誌/書籍を制作する編集プロダクションに勤務。28歳で独立。徐々に自動車関連のフィールドへ。2003年にJAF公式戦ワンメイクレース(マツダ・ロードスター・パーティレース)に参戦。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。見えにくい、エンジニアリングやコンセプト、魅力などを“分かりやすく”“深く”説明することをモットーにする。最近は新技術や環境関係に注目。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 汀渚 ばさら邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる