トヨタ ノア/ヴォクシーが8年ぶりのフルモデルチェンジ! 新たに搭載される最新技術からオススメグレードまで…新型ノア/ヴォクシーの情報をまとめて紹介

画像ギャラリーはこちら
トヨタは2022年1月13日(木)、主力Mクラスミニバン「ノア」と「ヴォクシー」を8年ぶりにフルモデルチェンジした。価格は267万円から396万円まで(消費税込)。久しぶりの刷新とあって、新型ノア/ヴォクシーの注目ポイントは多岐に渡る。今回はそんな新型ノア/ヴォクシーの特徴について、順にご紹介していこう。
目次[開く][閉じる]
  1. ノアとノア エアロ、そしてヴォクシー…新型は3兄弟モデルだった!?
  2. 最新のTNGAプラットフォーム採用により室内の空間効率もさらに向上した
  3. パワートレインや先進運転支援機能なども全てが一新!
  4. 標準ボディとエアロボディ、ガソリンとハイブリッド、理想の組み合わせは「ハイブリッド+エアロ」だ

ノアとノア エアロ、そしてヴォクシー…新型は3兄弟モデルだった!?

これまで4チャンネルあったトヨタの国内販売チャンネル統合に伴い、トヨタ車で特徴的だった兄弟車が整理されている。

従来型(3代目)から追加された兄弟車「エスクァイア」は1代限りで廃止されたものの、ノアとヴォクシーは新型でも継承された。その違いはボディタイプにあった。

エアロボディと標準ボディが選べる新型ノアに対し、新型ヴォクシーはエアロ仕様のみの設定となっているのだ。新型ノアのエアロモデルに対し、新型ヴォクシーの外観デザインはさらにアグレッシブな形状が特徴。

全長4695mm、全幅1730mmのボディサイズは全車共通。新型ではノアの標準ボディ、ノアのエアロボディ、ヴォクシー(エアロボディのみ)ともに全車が3ナンバー車となる。

最新のTNGAプラットフォーム採用により室内の空間効率もさらに向上した

ミニバンにとって最も重要視される室内空間やシートアレンジ、そして荷室の使い勝手、これらは今回のフルモデルチェンジに伴い新設計のTNGA GA-Cプラットフォームを採用したことで、いずれも大きく改善されている。

新型ノア/ヴォクシーは、ワイドな3ナンバーサイズを生かした室内空間を有する。車内上部は左右それぞれ外側へ35mm拡大し、車内の開放感が増すとともに、セカンドシート(2列目席)の前後シートスライドも、席を一度わざわざ中央に寄せることなく可能とした。

また内装の質感も向上。運転席からの視界も改善され、見晴らしも良い。また荷室のシートアレンジについては、サードシート(3列目席)の跳ね上げをさらに簡単にした。左右のサイドウィンドウ側に押し込むと自動的にロックされるようにしたのだ。

バックドアにフリーストップ機構を加えるなど、フルモデルチェンジした新型ノア/ヴォクシーは、細部に渡り手が加えられた。

パワートレインや先進運転支援機能なども全てが一新!

パワートレインの動力性能やカタログ燃費、そして先進運転支援機能など、新型ノア/ヴォクシーは全てを一新。大幅な性能向上を図った。

直列4気筒 2リッターガソリンエンジンは、ハリアーやRAV4などに搭載される高効率な「M20A-FKS」型ダイナミックフォースエンジンに刷新。実用燃費を向上させた。

1.8リッターハイブリッドについても、バッテリー、モーター、制御系に至るまでシステムを大幅に刷新。動力性能をアップさせるとともに、23.0~23.4km/L(WLTCモード燃費)というカタログ燃費もマークした。これは従来型のノア/ヴォクシー ハイブリッドに対し、18~21%もの向上だ。

ADAS(先進運転支援機能)も最新バージョンへと進化を遂げている。

衝突被害軽減ブレーキを作動できるトヨタセーフティセンスに「プロアクティブドライビングアシスト」を追加。危険を察知し回避する能力が加わった。このほか車速追従型クルーズコントロールなど、ロングドライブの疲労を軽減させる新機能が数々採用されている。

標準ボディとエアロボディ、ガソリンとハイブリッド、理想の組み合わせは「ハイブリッド+エアロ」だ

最後に紹介するのはオススメグレードだ。新型ノア/ヴォクシーのオススメパワートレインはハイブリッドかガソリンか。そしてボディタイプはノーマルボディかエアロボディか。

カーライフジャーナリストの渡辺 陽一郎氏は、ハイブリッド+エアロの組み合わせを推奨する。

まずはリセールバリュー。標準ボディとエアロボディでは、現行型の実績から考えてもエアロボディが有利だ。ハイブリッドとガソリンエンジン車では、およそ35万円の価格差がある。しかし新型ノア/ヴォクシーでは、実用性の高い新機能をハイブリッドモデルに多く備えている。したがって価格差に対する買い得度は高いと渡辺氏は話す。

エアロボディのハイブリッドを選ぶと、新型ノア、ヴォクシーともに「S-G」と「S-Z」の2グレードから選ぶことが出来る。装備が充実していて買い得感が高いのは最上級グレードでもある「S-Z」。

「ノア ハイブリッド S-Z」の価格は367万円。「ヴォクシー ハイブリッド S-Z」の価格は374万円だ(共に2WD・FFモデル/消費税込)。

新型も大人気間違いなし! 購入を検討するなら早々に商談をスタートしたほうが良い

新設計のTNGA GA-Cプラットフォームを採用し、走行性能や先進運転支援機能を大幅に進化させたほか、パッケージングも見直され使い勝手も向上したトヨタの新型ノア/ヴォクシーは、全方位に渡り新しくなった。

部品供給遅れによる生産の遅れは2022年に入っても解消していない。人気必至の新型ノア/ヴォクシーが気になるなら、迷わず今すぐに販売店で商談をスタートしたほうがよさそうだ。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・トヨタ]

トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
24.8万円563.2万円
トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
23万円594.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 湯元長座

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ノアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ノアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ノアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ノアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ノアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる