新型ノア/ヴォクシー、オススメはハイブリッド+エアロボディ! 将来の中古車人気が期待される組み合わせだ

画像ギャラリーはこちら
新型ノア/ヴォクシー徹底解説、今回は国内外の新型車に精通するカーライフジャーナリスト 渡辺 陽一郎氏が、多彩に用意されたラインナップの中から推奨の注目グレードをご紹介する。

新型ノア/ヴォクシーのオススメパワートレインはハイブリッドかガソリンか。そしてボディタイプはノーマルボディかエアロボディか。渡辺氏はハイブリッド+エアロの組み合わせを推す。その理由をご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 標準ボディとエアロボディ、リセールバリューが高いのは断然エアロのほうだ
  2. ハイブリッドとガソリンエンジン車、35万円の価格差なら迷わずハイブリッドがおススメ
  3. 新型ノア/ヴォクシー、渡辺陽一郎氏オススメのベストバイグレードは「ハイブリッド S-Z」

標準ボディとエアロボディ、リセールバリューが高いのは断然エアロのほうだ

ここまで紹介してきたように、新型ノア/ヴォクシーは、デザインから内装、エンジンやハイブリッドシステム、安全装備と運転支援機能まで、さまざまな部分が進化した。

今回は車種・グレード選びについて解説しよう。

新型ノアの価格は267万円から389万円。新型ヴォクシーの価格は309万円から396万円だ(価格はすべて消費税込み、以下同)。これらのラインナップの中から車種とグレードを選ぶ時は、まずエアロボディか標準ボディかを決める。

標準ボディはヴォクシーには設定がないから、必然的にノアになる。

標準ボディとエアロボディ、価格はおよそ7~8万円差だ

標準ボディとエアロボディの選択は好みに応じて決めれば良いが、迷った時はエアロを推奨する。

エアロボディの価格は標準ボディよりも7~8万円高い。だが5~7年後に手放す場合、価格差以上に高額で売却できる可能性もある(リセールバリューが高い)からだ。

ハイブリッドとガソリンエンジン車、35万円の価格差なら迷わずハイブリッドがおススメ

ノアとヴォクシー、同じエアロボディでも装備の違いにより価格差がある

エアロボディでは、ノアとヴォクシーの選択がある。同じグレードで価格を比べると、ヴォクシーが5~7万円高い。これは装飾類を含めて装備の違いに基づく。好みに合う方を選べば良い。

それぞれにノーマル(ノンターボ)エンジンとハイブリッドが用意され、エアロボディでの価格差は35万円だ。

新型ノア/ヴォクシーのハイブリッドは、新機能を数多く盛り込んだ。先代モデルに比べ燃費も2割程度向上している。価格差が35万円ならハイブリッドが割安といえるだろう。

ハイブリッド S-Gとハイブリッド S-Z、選ぶべきは後者だ

エアロボディのハイブリッドを選ぶと、グレードはノア、ヴォクシーともに「S-G」と「S-Z」の二者択一だ。

2WDモデル同士で価格を比較すると「ノア ハイブリッド S-G」339万円に対し「ノア ハイブリッド S-Z」は367万円。

「ヴォクシー ハイブリッド S-G」344万円に対し「ヴォクシー ハイブリッド S-Z」は374万円となる。

この価格差もヴォクシーは30万円、ノアは28万円と異なるが、機能と価格のバランスでは両車とも上級のS-Zが割安だ。

S-ZにはS-Gにオプション設定される復数の装備が標準装着され、ノアの価格差28万円に対し、プラスされる装備の価格換算額は約35万円になる。

新型ノア/ヴォクシー、渡辺陽一郎氏オススメのベストバイグレードは「ハイブリッド S-Z」

総合すると、新型ノア/ヴォクシーを買うなら共に「ハイブリッド S-Z」がベストグレードという結論になる。

それなりに高価だが価格とのバランスも良く、将来の中古車人気にも期待がかかる。

なお新型ノア/ヴォクシーから新設定されたハイブリッドの4WD(E-Four)は、このハイブリッド S-Zにも設定されている(22万円高)。積雪地などのユーザーは従来に比べ大幅に選択肢が拡がった。

なお新型ノア/ヴォクシーは先進運転支援機能などのオプション装備も多彩で設定も細かい。これらについても各解説記事を参照のうえ、時間をかけて慎重に選びたい。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:島村 栄二・TOYOTA]

トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
29.5万円459万円
トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
17万円487.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ノアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ノアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ノアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ノアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ノアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる