トヨタ 新型ノアと新型ヴォクシーは内装も進化した! 空間は拡大、シートアレンジもカンタンに

画像ギャラリーはこちら
トヨタの主力ミニバン「ノア/ヴォクシー」が2022年1月13日に8年ぶりのフルモデルチェンジを果たした。前回はノアとヴォクシーの違い、ノーマルボディとエアロボディの違いなどを解説したが、今回は新型の内装にスポットを当てる。ミニバンにとって最も重要視される室内空間やシートアレンジ、そして荷室の使い勝手、これらはいずれも大きく改善されている! 新型ノア/ヴォクシーの注目ポイントを順にご紹介していこう。
目次[開く][閉じる]
  1. >車幅がワイド化し室内空間も拡大! 内装の質感も向上した
  2. 3列シートそれぞれの広さや座り心地をチェック!
  3. 3列シートの跳ね上げやテールゲート(バックドア)の開閉方法を改善し、荷室の使い勝手が大きく改善された

>車幅がワイド化し室内空間も拡大! 内装の質感も向上した

新型ノア/ヴォクシーは、室内空間もワイドな3ナンバーサイズを生かした造りで、車内の上側は、左右それぞれ外側へ35mm拡大している。車内の開放感が増した。

運転席に座ると、インパネ周辺の質感が高い。特に上級グレードのノアS-Z&Z、ヴォクシーS-Zのインパネを見ると、助手席の前側などには合成皮革が巻かれてステッチ(縫い目)も入る。

開発者は「今回のフルモデルチェンジでは、内装の上質感で定評のあったエスクァイアを廃止したが、その考え方はヴォクシーとノアの上級グレードに継承されている」と述べた。

▼トヨタ 新型ノア/ヴォクシー徹底解説 前回の記事はコチラ!▼

フルモデルチェンジした新型ノアと新型ヴォクシー、種類が多くて迷っちゃう!? 3つのボディタイプを徹底解説[2022/01/20]

3列シートそれぞれの広さや座り心地をチェック!

前方視界は良好、車幅感覚もつかみやすい

運転席からはボンネットが少し見えて、ボディの先端や車幅も分かりやすい。フロントピラー(柱)とウィンドウは約20mm後退して、斜め前も見やすくなった。

全車が3列シートを装着しており、先代型にあった5人乗り仕様(3列目のサードシートを廃止し荷室を拡大したモデル)は今のところ用意されていない。

3列各席の座り心地をチェック!

1列目の座り心地は良好だ。サイズに余裕があり、体重を支える背もたれの下側や座面の後方をしっかりと造り込んだ。

2列目は座面の前側が大きめに持ち上がり、腰の収まりが良い。注意したいのはハイブリッドで、1列目の下側に駆動用リチウムイオン電池を搭載したから、シート位置を前端にスライドした2列目に座ると乗員の足先が入りにくい。ノーマルエンジンのほうが快適だ。

上級グレードのS-ZとZ(2WD)に快適便利パッケージをオプション装着すると、電動バックドアなどと併せて、2列目シートにオットマンも装着される。乗員の膝から先が支えられ、快適性が向上する。

3列目は座面の奥行寸法が少し短いが、座り心地に不満はない。

身長170cmの筆者が3列それぞれの広さをチェック!

身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ弱になる。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2850mmで先代型と同じだが、プラットフォームの刷新により、1列目から3列目までの間隔は先代型に比べて20mm縮まった。それでも多人数乗車は可能だ。

3列シートの跳ね上げやテールゲート(バックドア)の開閉方法を改善し、荷室の使い勝手が大きく改善された

サードシートの跳ね上げが簡単に操作出来るようになった

3列目はレバーを引くと自動的に左右へ跳ね上がり、サイドウィンドウ側へ押し込むとロックして固定される。

先代型も自動で跳ね上がったが、ベルトで固定する必要があった。新型はこの手間を省いている。

路面から荷室床面までの高さは500mmで、この数値は先代型と同等だが、5ドアハッチバックやSUVに比べると床が低い。自転車なども積みやすい。

バックドアにストッパーを設け途中で停止出来る工夫も

バックドアにも工夫を凝らし、任意の位置で止められるようにした。

ノア/ヴォクシーのようなミニバンで縦列駐車や屋内駐車場に停めている時、車両後方の空間が足りず、大きなバックドアを完全に開けることが出来ないシーンが多々ある。

これまでも電動テールゲート仕様で開閉位置を任意設定出来る車種はあったが、今回の新型ノア/ヴォクシーでは、手動開閉のタイプに工夫を凝らした。

テールゲートを開けた際に手で押さえるとその位置で止まるよう、ストッパー(開度調整機構)を仕込んだのだ。任意の位置で止められると、狭い場所でも荷物を出し入れしやすい。些細なことだが、使い勝手は大きく向上する。

販売店で新型ノア/ヴォクシーをチェックするなら内装の改善ポイントを見逃すな!

このように新型ノア/ヴォクシーでは、内装や室内の使い勝手においても数々の改善や工夫がみられる。販売店で展示車・試乗車を見る際にはこれらのポイントをしっかりチェックしておきたい。

次回は新型ノア/ヴォクシーのメカニズムを徹底解説!

トヨタ 新型ノア/ヴォクシーの解説、次回は進化したパワートレインの動力性能やカタログ燃費、そして先進運転支援機能など、新型ノア/ヴォクシーのメカニズムについて紹介しよう。こちらもお楽しみに。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:島村 栄二・TOYOTA]

トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
27.5万円479万円
トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
12.8万円499.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ノアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ノアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ノアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ノアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ノアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる