新型ランドクルーザー300のボディサイズは現行型同等! 全長はアルファードとほぼ一緒、そしてホイールベースは4世代ずっと変わらず!?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年6月10日(木)にワールドプレミアを果たした「トヨタ 新型ランドクルーザー300」は、フレーム構造からエンジンに至るまでほぼ全てが新設計され直した。しかしボディサイズだけはほとんど変更されていないという。先代ランドクルーザー200の全長4950mmは、他のトヨタ車でいうと高級ミニバン「アルファード」同等の大きさ。全高やホイールベースなど含め、新型ランドクルーザー300のボディサイズを予想する。

>>ボディサイズはどれくらい!? トヨタ 新型ランドクルーザー300を写真で見る[画像54枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型になってもボディサイズは先代ランドクルーザー200と変化なし
  2. トヨタの高級ミニバン「アルファード」とほぼ同じ、全長は5メートル弱の堂々たるサイズ
  3. ホイールベースの寸法は、1989年のランクル80以来変わらすの「2850mm」!? 不動の黄金比を維持

新型になってもボディサイズは先代ランドクルーザー200と変化なし

現段階では明らかにされていない「トヨタ 新型ランドクルーザー300」のボディサイズ。トヨタが6月10日に発表したプレスリリースには「全長・全幅・ホイールベースなどの車両サイズと、ディパーチャーアングル・アプローチアングルは従来型を踏襲」とあることから、ほぼ先代「ランドクルーザー200」と同寸と見て良いだろう。

プラットフォームから車体、エンジンに至るまですべてを刷新したにもかかわらず寸法を変えないということは、変えようがない、変える必要のないサイズだということだ。

ちなみに先代「ランドクルーザー200」のボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mm、ホイールベース(前後車軸の間隔)は2850mmとなっている。

トヨタの高級ミニバン「アルファード」とほぼ同じ、全長は5メートル弱の堂々たるサイズ

さて数値だけではピンとこないかもしれないが、全長4950mmはトヨタの高級ミニバン「アルファード」とほぼいっしょだと聞くと「大きいなあ」と実感がわくかもしれない。

ただし客室空間を広く取りたいミニバンのアルファードがホイールベースを3000mmと長く確保するのに対し、ランドクルーザーは短めの2850mmというサイズになる。

ホイールベースの寸法は、1989年のランクル80以来変わらすの「2850mm」!? 不動の黄金比を維持

注目すべきはこのホイールベースだ。

なんとこの2850mmというサイズは先代ランクル200(2007年~2021年)だけではなく、その前のランクル100(1998年~2007年)、さらにはランクル80(1989年~1997年)までさかのぼっても同じ寸法だというから驚きだ。悪路の走破性とのバランスを考えると、この寸法はもはや変えようのない「黄金比」ということらしい。

日本の道ではこれがほぼMAXという全長5メートル弱、全幅2メートル弱のボディサイズはほぼ変わらない予定の新型ランドクルーザー300。乗り換えを検討していた方もこれ以上のサイズアップは困るだろうから、ひと安心といったところだろう。2021年夏の正式発売が楽しみだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

トヨタ/ランドクルーザー200
トヨタ ランドクルーザー200カタログを見る
新車価格:
481.6万円696.3万円
中古価格:
256万円1,283.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー200の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー200のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー200の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー200の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー200のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる