【人気SUV 内外装比較】注目のトヨタ 新型カローラ クロスと日産 キックス e-POWER、デザインや内装・荷室など何が違う?

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
発売前から高い注目を集め、2021年9月14日(火)に遂に国内でも発売開始となったトヨタ 新型カローラ クロス。使い勝手の良いボディサイズ、充実した機能・先進安全装備、そして手ごろな価格設定で今話題のSUVだが、ライバル 日産 キックスとはどのような違いがあるのか? 今回は、競合する両車の内外装の違いを写真ととも比較していく!
目次[開く][閉じる]
  1. 価格面で競合する2台のSUV
  2. SUVらしさが漂う両車の外観デザイン
  3. インテリアはブラックのみの新型カローラクロスと、オレンジタンも設定するキックス e-POWER
  4. 後席はどちらも必要十分な広さ
  5. 荷室容量は共にたっぷり確保

価格面で競合する2台のSUV

トヨタ 新型カローラ クロスは、世界の大衆車ブランド“カローラ”シリーズ初のSUVとして誕生したモデル。2020年7月9日にタイでの発表を皮切りに、2021年6月には北米でも発表されていたが、このほど、遂に日本でも発売を開始。

1.8リッターのガソリンモデルとハイブリッドモデルを揃え、価格(税込)は199万9000~319万9000円となる。

一方の日産 キックス e-POWERは2020年5月にタイで発表された。タイの日産工場で製造され、世界へ輸出される。日本では2020年6月から発売を開始している。

こちらは1.2リッターのガソリンエンジン+大出力モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e-POWER」の1種類のみの設定で、価格(税込)は275万9900円~286万9900円。

SUVらしさが漂う両車の外観デザイン

新型カローラ クロスのボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm。対するキックス e-POWERのボディサイズは、全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mm、ホイールベース2620mm。

新型カローラ クロスの外観は、バンパーより下の高さまでにグリルを抑え、他の国内仕様のカローラシリーズに共通するオリジナルデザインのフロントマスクに、SUVとしての力強さを表現すべくフェンダーやサイドなどには樹脂パーツが装着されている。

キックス e-POWERは、存在感のあるフロント周りをつくる「ダブルVモーショングリル」やブーレメラン型のリアコンビランプなど有機的なデザインを採用。抑揚の効いたフェンダーや、リヤ周りではテールゲート周辺は力強い造形が施されている。

インテリアはブラックのみの新型カローラクロスと、オレンジタンも設定するキックス e-POWER

新型カローラ クロスのインパネは水平基調のすっきりとしたデザイン。パネル上面からドアのベルトラインまでフラットにつなげ、室内空間に広がりを感じさせる。

インパネ中央には、他のトヨタ車同様にディスプレイオーディオを標準装備。サイズは7インチで、ガソリンとハイブリッドそれぞれの上級モデル「S」と「Z」グレードにはメーカーオプション(2万8600円/税込)で9インチディスプレイも用意されている。

また、ガソリンとハイブリッドそれぞれ「S」と「Z」グレードにはメーカーオプション(11万円/税込)でパノラマサンルーフが設定されている。

キックス e-POWERのインパネは、ナビの位置低めに設定し前方の視界を確保。2トーンモデルのインパネは斬新な色分けがされているが、スイッチ類やナビのレイアウトはオーソドックスで手堅い。外装と同様に、多くの人に受け入れられる普遍的な格好良さを狙っている。

因みに、インテリアカラーは、ブラックのみ設定する新型カローラ クロスに対し、キックス e-POWERではブラックのほか、ツートーンインテリアエディションではオレンジタンも設定している。

後席はどちらも必要十分な広さ

新型カローラ クロスの後席は、2段階のリクライニング機能付き。前後スライドはしないが、センターアームレストがあってゆったりできる空間に。6:4分割可倒式となっている。着座位置も姿勢良く座らせる格好にパッケージングされ、膝まわりには十分なスペースを確保している。

キックス e-POWERの後席は、運転席・助手席のシート背面形状を最適化し、ニールームを拡大。大人でもゆったりと座ることができる広さを実現している。また、頭上のゆとりはクラストップレベルで、サイドウインドウも大きく高い開放感を得ることができる。

荷室容量は共にたっぷり確保

新型カローラ クロスの荷室容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの487リットルを実現。荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわり、荷室開口部は地面から720mmの高さに設定し荷物の積み下ろしが容易に行える。

一方のキックス e-POWERもラゲッジスペースでは5人乗車時で423リットルと、十分な容量を確保。こちらもアウトドアが趣味だったりと、荷物が多くなりがちなユーザーにも安心して活用できる仕様だ。

ここまで新型カローラ クロスとキックス e-POWERの内外装を比較してきたが、特に両車の細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
222.9万円417.1万円
日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円311.4万円
中古価格:
26.8万円340万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... まつさき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる