新型カローラ クロスとヤリス クロスどっちが欲しい? 「カローラ クロスは安くてサイズも実用的なポジション」の声【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
遂に発売開始したトヨタ 新型カローラ クロス。今、最も注目のSUVだが、トヨタにはこれまた大人気のコンパクトSUVであるヤリス クロスが存在する。価格帯の競合する2台だが、購入検討者達はどちらが実際に欲しいと感じているのか? SNSで挙げられているみんなの声を探ってみた。
目次[開く][閉じる]
  1. 注目のトヨタSUV2台は、直接の比較検討対象!?
  2. 約7割近くが新型カローラ クロス推しという結果に
  3. ヤリスクロスのアドバンテージはダイナミックフォースエンジンとガソリン4WD

注目のトヨタSUV2台は、直接の比較検討対象!?

世界の大衆車ブランド“カローラ”シリーズ初のSUVとして誕生した新型カローラ クロス。先行して海外で展開されていたが、2021年9月14日(火)より遂に日本でも発売開始した。

全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mmのボディサイズに、1.8リッターのハイブリッドモデルとガソリンモデルの2種類のパワートレインを設定。価格(税込)は、199万9000~319万9000円となる。

一方のヤリス クロスも、グローバルコンパクトカー“ヤリス”のSUVモデルとして2020年8月に国内導入されてから瞬く間に人気のコンパクトSUVとして高い人気を誇っている。

全長4180mm×全幅1765mm×全高1560mm、ホイールベース2560mmのボディサイズに、1.5リッターのハイブリッドモデルとガソリンモデルの2種類のパワートレインを設定する。価格(税込)は、179万8000円~281万5000円。

ボディサイズ的には、新型カローラ クロスが一回り大きいものの、人気のSUVルックでパワートレインにはハイブリッドとガソリンを揃える点が共通するほか、価格帯も競合している。

では実際に、購入検討者などは買うなら新型カローラ クロス or ヤリス クロスどちらと考えているのか? MOTA(モータ)では公式Twitter上でアンケートを募集した。

アンケート測定期間:2021年9月18日(土)~9月19日(日)/測定方法:MOTA編集部公式Twitter

約7割近くが新型カローラ クロス推しという結果に

Twitterアンケートでは、全体の65.9%が「新型カローラ クロス」と答え、残りの34.1%が「ヤリス クロス」という回答結果となった。

また、アンケートの他にもSNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

そのほとんどが、

「RAV4、ハリアー程大きくなく、ライズ、ヤリスクロス程小さくない。そしてC-HRより安く実用的と絶妙なポジション」

「ヤリス クロスに+20万円で必要な装備が載った立派な車体になるのなら、迷ったらカローラクロスを選ぶ人の方が多そう」

といった、大きすぎず、小さすぎずの絶妙なボディサイズに魅力的な価格帯を挙げる声。

コンパクトなヤリス クロスの取り回しの良さを挙げる声も少ないものの、後席を使用する2名以上の乗車を想定するとやはり軍配は新型カローラ クロスに上がるようだ。

懸念点としては唯一、

「カローラ クロスの全幅1820mmはデカイ。ヤリス クロスならうちの車庫にも入る」

「カローラ クロスが全幅1800mm以内に収まっていたら、もっと購入検討対象になった人が増えてたんじゃないか」

と、その車幅に追及する声が挙がっている。そのほか、外観に関するところでは、

「カラーバリエーションをもっと幅広くしてほしい」

といった声も見受けられた。

新型カローラ クロスのボディカラーはモノトーンのみの全8色展開なのに対し、ヤリス クロスではツートンカラーを含む全15パターンの豊富なバリエーションとなっており、この辺りはヤリス クロスの方が選択肢は豊富だ。

ヤリスクロスのアドバンテージはダイナミックフォースエンジンとガソリン4WD

新型カローラ クロスを推す声が多い結果となったが、

「ヤリス クロスはダイナミックフォースエンジンを搭載しているのだから、カローラ クロスでも改良して搭載して欲しかった」

「2.0リッターのダイナミックフォース載せて欲しかった」

など搭載するエンジンに不満の声も一部で見受けられた。それでも、

「最新のダイナミックフォースエンジンは魅力的だが、2ZR-FXE(従来製1.8リッターエンジン)の信頼性も素晴らしい」

と、理解を示す声も挙がっている。それを踏まえ、注目のダイナミックフォースエンジンに関しては、

「マイチェン時の目玉として登場しそう」

と早速予測する声なども挙がっている。ここは今後の展開に期待したいところだろう。

その他では、

「ガソリン4WDが選択できるのはヤリスクロスの唯一のアドバンテージ」

といった声も見受けられた。

現在、新型カローラ クロスで4WDを選択しようとすると、おのずとハイブリッドモデルを選択しないといけないため、ガソリンモデルで4WDの設定を求める声も少なくない。

以上のように、ボディサイズ、4WD性能などに不満がない購入検討層は新型カローラ クロスに大きく流れていきそうな印象を受けた今回のアンケート結果。今後、両車のセールス状況はどうなっていくのか、引き続き注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
288万円373.9万円
トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
186.7万円456万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる