“カローラクロス”今夏にも発売へ! トヨタの容赦ないSUV攻勢、300万円前後の価格設定に他メーカーは戦々恐々!? ボディサイズから内装まで徹底リサーチ

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:TOYOTA
画像ギャラリーはこちら
なかなか全容がつかめなかった「カローラクロス」だが、いよいよ日本への導入が動き出した。早ければ2021年夏にも導入の予定で、主要グレードは300万円以下に抑えた絶妙な価格設定となりそうだ。ボディサイズやエンジンの種類など、気になる新型カローラクロスの最新情報をご紹介しよう。

>>ついにやってくるぞ! 「トヨタ 新型カローラクロス」大本命SUVを写真で見る![画像70枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型カローラクロスのボディサイズは全長4.5メートル弱で日本でも扱いやすい絶妙な大きさ
  2. 背が高くなり、後席の室内空間が広くなる新型カローラクロス
  3. 新型カローラクロスの発売時期は2021年夏頃!? 価格はカローラツーリング+15~20万円高でメインは300万円以下に設定か

新型カローラクロスのボディサイズは全長4.5メートル弱で日本でも扱いやすい絶妙な大きさ

トヨタの新型「カローラクロス」は、2020年7月9日にタイで発表されたコンパクトSUVだ。その際に発表されたタイ仕様のボディサイズは全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mm、ホイールベース2640mm。

同じカローラファミリーと比較すると、全高以外はワゴンモデルの「カローラツーリング」(全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm、ホイールベース2640mm)に近いが、車幅はカローラツーリングより80mm大きい。

トヨタのSUVシリーズで比較すると、「RAV4」(全長4600mm)と「ヤリスクロス」(全長4180mm)の間を取った、日本でも扱いやすい大きさに収まっているといえる。

背が高くなり、後席の室内空間が広くなる新型カローラクロス

続いては、新型カローラクロスの室内についてご紹介しよう。タイ仕様などの写真をご覧頂いても分かる通り、他のカローラシリーズとも共通する馴染みやすいデザインで、インパネセンターの見やすい位置には大型のディスプレイオーディオが備わる。

上でも記したとおり、カローラクロスのホイールベース(前後車軸間の距離)はカローラファミリー共通。しかし背が高くなった分、室内高は広がった。また着座位置もより姿勢良く座らせる格好にパッケージングも改善されるから、その分、前後席間のスペースにも余裕が出るはずだ。

やや狭い現行型カローラツーリングやカローラの後席に不満を持つユーザーにも、新型カローラクロスはオススメの1台となる。

新型カローラクロスの発売時期は2021年夏頃!? 価格はカローラツーリング+15~20万円高でメインは300万円以下に設定か

2021年6月26日段階では、トヨタからは一切の正式発表がない新型カローラクロス。ここで、現在得ている情報を整理しよう。

なおタイで生産を始めたカローラクロス、日本向けもタイ製の輸入モデルになるという情報のいっぽう、国内のトヨタ工場で製造されると話もあり、正確なところがまだつかめていない。販売価格にも影響を及ぼす部分でもあるので、こちらは最新の情報が入り次第、情報をアップデートしていく予定だ。

エンジンタイプは、1.8リッターもしくは2リッターのガソリンエンジンと1.8リッターハイブリッドの2タイプを用意。FFと4WDが選択できる設定となる。

気になる新型カローラクロスの価格は、ワゴンモデルのカローラツーリングからおよそ15万円高、約220万円から約315万円あたりが見込まれる。ボディサイズ同様に、RAV4(約275万円~約400万円)やヤリスクロス(約180万円~約280万円)の間で、主なモデルは300万円以下という絶妙な売れ筋のポジショニングを狙う。

半導体不足の問題もあり、正確な国内導入時期はまだ最終決定していない模様。当初の計画では2021年夏、具体的には8月ころが見込まれていたが、これが9月以降にずれ込む公算だ。こちらも詳しく分かり次第、お知らせしていこう。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部/撮影:TOYOTA]

新型「カローラクロス」 主要スペック(タイ仕様)

■ボディサイズ:全長4460mm×全幅1825mm×全高1620mm/ホイールベース:2640mm/車両重量:1385kg(ハイブリッド)/1325kg(ガソリン)/最小回転半径:5.2m/乗車定員:5人/駆動方式:全輪駆動(FF)/タイヤサイズ:215/60R17|225/50R18

■ハイブリッド:2ZR-FXE型エンジン|総排気量:1798cc|エンジン最高出力98ps(72kW)/5200rpm|エンジン最大トルク:14.5kgf-m(142Nm)/3600rpm|モーター最高出力:72ps(53kW)|モーター最大トルク:16.6kgf-m(163Nm)|トランスミッション:電気式無段変速機

■ガソリン:2AR-FBE型エンジン|総排気量:1798cc|最高出力:140ps(103kW)/6000rpm|最大トルク:18.05kgf-m(177Nm)/4000rpm|トランスミッション:Super CVT-i

トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
288万円373.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる