祝! ランクル生誕70周年! トヨタ ランドクルーザープラド 一部改良で記念特別仕様車を設定

画像ギャラリーはこちら
トヨタは2021年6月1日(火)、本格クロスカントリー型SUV「ランドクルーザープラド」の一部改良を実施した。また同時に、ランドクルーザー生誕70周年を記念した特別仕様車として「TX“Lパッケージ 70th ANNIVERSARY LIMITED”」を設定する。

現行型150系は、2009年のフルモデルチェンジから早くも12年を迎える。熟成が極まった最新ランクルプラドの情報をお届け!

>>熟成極まる150系!「トヨタ ランドクルーザープラド」の写真をもっと見る[画像13枚]

ランドクルーザーシリーズの中核を担う“ランクルプラド”に豪華さを増した特別仕様車を新設定

トヨタのランドクルーザーシリーズは、1951年登場のBJ型トヨタ ジープに端を発する歴史を有するブランド。今年2021年は初代登場からちょうど70周年を迎える。トヨタではこれを記念し、ランドクルーザーシリーズの中核をなす「ランドクルーザープラド」に特別仕様車「TX“Lパッケージ 70th ANNIVERSARY LIMITED(70th アニバーサリー リミテッド)”」を設定する。また同時に、ランドクルーザープラドの一部改良も実施した。

ランクルプラド特別仕様車「TX“Lパッケージ 70th ANNIVERSARY LIMITED”」はこんなクルマ

ランクルブランド生誕70周年を記念し登場したランドクルーザープラド特別仕様車「TX“Lパッケージ 70th ANNIVERSARY LIMITED”」。TXグレードをベースに、“Lパッケージ”相当の装備を加えるとともに、専用色サドルタンの本革シート表皮や本革センタークラスターサイドニーパッドを採用し、より豪華な内装に仕立てられた。

外観は、2020年8月に設定された特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」に近く、ブラック塗装を施したラジエーターグリル、ヘッドランプガーニッシュ、18インチアルミホイールなどが備わる。またディーラーオプションとして、70th ANNIVERSARYのロゴが入った専用サイドエンブレムやフロアマットも用意される。

ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン(特別色)、ブラック、アティチュードブラックマイカ、レッドマイカメタリック、アバンギャルドブロンズメタリックの全5色。エンジンは2.8リッターディーゼルターボと、2.7リッターガソリンエンジンの2種類。それぞれ5人乗り仕様と7人乗り仕様が設定される。

ランドクルーザープラド特別仕様車「TX“Lパッケージ 70th ANNIVERSARY LIMITED”」車両本体価格は429万円から511万8000円(消費税込み)までとなっている。

これが150系プラドの完成形!? ランドクルーザープラドが一部改良を実施し19インチアルミのデザインを変更

なお、2021年6月1日に実施された、トヨタ ランドクルーザープラド一部改良の主な内容は以下の通り。

・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を標準装備

・19インチアルミホイールを意匠(デザイン)変更

フルモデルチェンジの噂も拡がるが…熟成極まる12年目の150系プラドをあえて狙うのも十分にアリだ

現行型の150系「トヨタ ランドクルーザープラド」は2009年にフルモデルチェンジされ、今年でデビュー12年を迎えるベテランモデルだ。

しかし2020年8月にも規模の大きな一部改良を実施。2.8リッターディーゼルエンジンのターボチャージャーを改良して最高出力を177psから204psへと大幅アップさせたほか、先進運転支援システム「Toyota Safety Sense」の機能向上を図るなど、常に最新の状態へとアップデートを繰り返している。

一方でプラドには次期型登場の噂も聞こえ始めており、実際に今回の改良が150系プラドの最終形(ファイナルエディション)である可能性も高い。しかしアップデートを重ね熟成が極まった現行型を、今あえて狙ってみるのも十分にアリな選択肢だろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:トヨタ自動車]

トヨタ 新型ランドクルーザープラド 特別仕様車「TX“Lパッケージ 70th ANNIVERSARY LIMITED”」(2.8リッターディーゼル・7人乗り) 主要諸元(スペック)

ボディサイズ:全長4825mm×全幅1885mm×全高1850mm/ホイールベース:2790mm/車両重量:2220kg/エンジン種類:直列4気筒 インタークーラー付きターボチャージャー ディーゼル直噴エンジン/総排気量:2754cc/最高出力:204ps(150kW)/3000~3400rpm/最大トルク:51kgf-m(500Nm)/1600~2800rpm/使用燃料:軽油/トランスミッション:6速オートマチックトランスミッション/燃料消費率:11.2km/L(WLTCモード燃費)/車両本体価格:511万8000円(消費税込)

※諸元はベースグレード「TX“Lパッケージ”」

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザープラドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザープラドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザープラドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザープラドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザープラドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる