autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート

試乗レポート 2015/10/7 11:58

デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート(1/3)

関連: テスラ モデルS Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正
デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート

北米で最も売れてる電気自動車は「リーフ」じゃなくてこのクルマだった!

デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート/国沢光宏デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート/国沢光宏

世界最大のEV(電気自動車)消費国アメリカで最も売れている直近のクルマは何かと言えば、量販車として開発され、誰にでも買える価格設定の「日産 リーフ」でなく、メルセデス・ベンツやBMW以上に高価な「テスラ モデルS」なのだった。

驚くべきことに、アメリカを除く多くの国でもモデルSはリーフより売れている。

そんなテスラ モデルSの最強バージョンである『P85D』(前後デュアルモーター・4WD)が日本に入ってきたので試乗してみました。果たしてどんなクルマなのか?

詳細は後回しにして試乗と行きましょう。

初期型モデルSとはすっかりベツモノになった

デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート/国沢光宏

単なる電気スイッチである小さいセレクトレバーをDレンジにしてアクセルを踏むと、当たり前ながら超滑らかに走り出す。そして驚いたことに、初期型のモデルSとは印象が全く違う。

以前ハンドルを握ったモデルS、ボディからいろんな音が出てました。アクセル踏めば速いし滑らかながら、クルマの上質感という点で1000万円級のガソリン車に勝てておらず。私なら迷うことなく「メルセデス・ベンツ Sクラス」を選びますね、と当時は思った。

デュアルモーターx4WDの最強EVを試す!/テスラ モデルS「P85D」試乗レポート/国沢光宏

しかし、最新モデルに乗ってびっくり! 素晴らしい上質感である。

245/45R19という太いタイヤを履いているにも関わらず乗り心地良いし、当たり前ながら静か。アクセル戻した時の過大な回生ブレーキの利き具合さえ無くせば(やはりブレーキ踏んだ時だけ効いて欲しい)文句なし。

[デュアルモーター・4WDの異次元加速にクラクラ・・・次ページへ続く]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

テスラ モデルS の関連編集記事

テスラ モデルSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ モデルS の関連編集記事をもっと見る

テスラ モデルS の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR