スズキはティッシュがお好き!?|スズキ 新型ハスラーデザインナーインタビュー【内装編】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
エクステリア以上に大きく様変わりした新型ハスラーのインパネやインテリア。それを手掛けたのは初代ハスラーの開発にも携わった粒来 広氏だ。なぜここまで大胆なデザインにできたのか? 真相を直撃!

>>新型ハスラーはボックスティッシュが丸ごと収納できるように!

目次[開く][閉じる]
  1. 初代ハスラーは2本のパイプが通っていた!?
  2. 新型は常識を覆す斬新なアイデアでギア感を演出
  3. スズキはティッシュが大好き!?
  4. ベンチシートをやめて収納スペースを確保
  5. 最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

初代ハスラーは2本のパイプが通っていた!?

まずは初代ハスラーのインパネの概要からおさらいしよう。ご覧の通り、左右対称のデザインだが、上下それぞれにパイプのようなモノが通っているのがわかるだろうか。

実は初代ハスラーのデザインはメーター、オーディオ、ボックスを2本のパイプで繋げた遊び心満載のデザインだったのだ。粒来氏いわく、ユーザーの方にすらあまり気づかれなかったという。

新型は常識を覆す斬新なアイデアでギア感を演出

そこで新型ハスラーでは、それぞれの役割を明確にわかるようにデザインされている。

エクステリア同様アウトドアアイテムからヒントを得たうえで、今までの概念からハズれたワクワクする室内に仕上げている。粒来氏いわく、アウトドアアイテムは一つ一つがかっこよくデザインされており、それを3つの集合体で演出すればもっとかっこいいのでは? というアイデアから生まれたという。

具体的にはメーターとオーディオ部分を腕時計などの精密機器をプロテクトしたイメージ、ボックス部分はギア感溢れるデザインとしているのだ。

スズキはティッシュが大好き!?

現在、スズキの軽自動車ラインアップのなかでスペーシア兄弟とラパン、さらにワゴンRとほとんどの車種でテッシュボックスの収納スペースが設けられているほど、ティッシュボックスの収納スペースはスズキのお家芸でもあるのだ。

もっといえば、初代スペーシアには助手席前と天井にそれぞれ収納スペースを設けており、メーカーオプションでは専用のゴミ箱まで用意するこだわりっぷり。じつは、これを手掛けたのは粒来氏、ということで新型ハスラーにもしっかり踏襲!

お家芸なのに初代ハスラーには採用されず……

だが、人気のハスラーにはそれがなかった。初代ハスラーには助手席側に設けられたボックスは、普段はちょっとした収納として使えるほか、折りたたみの机としても使用できるものはあった。だが、ユーザーの中にはティッシュボックスを中に収納したいという声が大きかったという。そこで、新型では一般的なティッシュボックスがしっかり入るように改良されている。

ベンチシートをやめて収納スペースを確保

設計の方に話を聞く限り、フロントシートを左右独立タイプとしたのはホールド性の向上とあったのだが、デザイナー的視点ではどうなのだろうか。

フロントシートを左右独立にしたことで、シート間に生まれたスペースにハンドバッグなど簡単な小物を置けるようになったという。初代ハスラーはフロントはベンチシートを採用しており、収納スペースといえばアームレストに設けられた収納ポケットくらいであった。かねてより、前席にバッグが置けるスペースが欲しいという声があったことから収納スペースに。

初代ハスラーの収納スペースが豊富であったが、新型で注目な点がもう一つある。それはラゲッジアンダーボックスを脱着式としたこと。初代ハスラーではカバーをめくると、すぐにパンク修理キットがあったが、今回は脱着式のアンダーボックスの下に修理キットを設置。機能性を向上させたという。

斬新なインパネデザインだけでなく、収納スペースが増えてより使いやすくなった新型ハスラー。ぜひお店でホンモノを体感してほしい。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

【筆者:MOTA編集部】

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円174.7万円
中古価格:
46.6万円1,367万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる