MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキスピリットが沢山詰まった“世界戦略車”新型「エスクード」試乗レポート

試乗レポート 2015/11/6 17:26

スズキスピリットが沢山詰まった“世界戦略車”新型「エスクード」試乗レポート(1/3)

関連: スズキ エスクード Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
スズキスピリットが沢山詰まった“世界戦略車”新型「エスクード」試乗レポート

欧州車風味が強いスズキの小型車

スズキ 新型エスクード [4WD]

スズキは2008年~2014年にかけて、ハンガリーの「マジャールスズキ」が生産する「スプラッシュ」を輸入販売していた。1.2リッターエンジンを搭載するコンパクトカーだ。スズキでは共通のプラットフォームを使う「スイフト」を小型車の主力として扱うから、スプラッシュは販売面では成功しなかったが、機敏に走る楽しいクルマであった。シートの造りまで含めて、欧州のベーシックカーを思わせた。

2015年10月15日に発売されたスズキ新型『エスクード』は、コンパクトなSUVだが、持ち味がスプラッシュに似ている。内外装は地味だが、走りはしっかりしていて飽きがこない。今の日本車は大半が海外でも売られるから、各車種とも運転感覚には気を使うが、スズキの小型車は特に欧州車風味が強い。

特にカッコイイとは思わないが、飽きのこない仕上がり

スズキ 新型エスクード
スズキ 新型エスクード [4WD]スズキ 新型エスクード [4WD]

新型エスクードの概要は、2015年10月15日に「スズキ新型エスクード詳細解説」で述べたので参照していただきたい。ここでは運転感覚についてレポートしよう。

車内に入る前に改めて外観を眺めると、写真で見るよりもカッコイイ。このように感じた理由は、スズキが提供する写真がイマイチだからだろう。分かりやすいのはエスクードのホームページ、あるいはカタログに掲載される海をバックにした2トーンルーフ仕様の写真だ。レンズの長さでいえば、35~50mmで前側をデフォルメしたから、フロントグリルから下側のサイズと繁雑さが強調されてヤボったく感じてしまう。

しかし実車を少し離れて眺めると、前輪駆動ベースのSUVをオフロードモデル風に見せたい意図が分かる。

スズキ 新型エスクード [4WD]

特にボディサイドの切れ上がったヘッドランプからテールランプに至るショルダーのラインは力強い。特にカッコイイとは思わないが、飽きのこない仕上がりだ。

内装もほぼ同じ印象。インパネの左右を貫通するガーニッシュ(装飾)は、模様の質感が冴えないが、そこを除けば違和感はない。インパネ中央の最上部にアナログ時計を配置するあたり、昭和のクルマを知るオジサン世代には馴染みやすい。

メーターやスイッチの配置は機能的で、視認性、操作性ともに良い。左下に位置するエアコンのスイッチも扱いにくくはない。

スズキ 新型エスクード [4WD]スズキ 新型エスクード [4WD]スズキ 新型エスクード [4WD]スズキ 新型エスクード [4WD]スズキ 新型エスクード [4WD]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スズキ エスクード の関連編集記事

スズキ エスクードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ エスクード の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR