autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 欧州生産の新型SUVがいよいよ日本で発売!「スズキ 新型エスクード」詳細解説

新型車解説 2015/10/15 11:42

欧州生産の新型SUVがいよいよ日本で発売!「スズキ 新型エスクード」詳細解説(1/3)

関連: スズキ エスクード Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村栄二
欧州生産の新型SUVがいよいよ日本で発売!「スズキ 新型エスクード」詳細解説

コンセプトカー「iV-4」が、新型エスクードとしていよいよ発売!

スズキ 新型エスクード

スズキといえば軽自動車が中心のメーカーだが、最近は海外での展開も踏まえて、小型&普通車にも力を入れている。残価設定ローンの金利を軽自動車は年率2.9%、小型&普通車は1.9%に抑えるなど「軽自動車のスズキ」からの脱却をねらっている面もあるようだ。

ダイハツはトヨタの傘下にあるから軽自動車が中心にならざるを得ないが、スズキは自由な商品展開が行える。

この流れを受けて2015年10月15日に新型「エスクード」が登場した。

スズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクード

従来型は2.4リッター直列4気筒エンジンを搭載する後輪駆動ベースのオフロードSUVだったが、新型は1.6リッターを積んだ前輪駆動ベースのシティ派になる。両車の性格とサイズが大きく異なるため、新旧併売となった。

新型の車名は「エスクード」で、従来型を継続生産するタイプは「エスクード2.4」を名乗る。新旧併売は珍しいが、エスクードのように価格を含めてクルマの内容が大きく変わった場合は過去にも行われていた。古くは3代目の日産510型ブルーバードと610型ブルーバードU、近年では日産ラフェスタとラフェスタハイウェイスター、現行プリウスと2代目プリウスEXなどが新旧モデルを併売していた。

新型エスクードは、ハンガリーの「マジャールスズキ」で生産される世界戦略車だ。海外では「ビターラ」の名称で売られる。日本仕様もハンガリー製を輸入するから、位置付けはSX4・Sクロスに近い。

そして新型エスクードは、エンジンやプラットフォームもSX4・Sクロスと共通化している。ただし車両の性格は、シティ派のSX4・Sクロスよりもオフロード指向が強い。かつての日産車でいえば、デュアリスに相当するのがSX4・Sクロス、エクストレイルに相当するのが新型エスクードになる。そして継続生産されるエスクード2.4は、ボディとエンジンが大きくオフロード色もさらに強い。

新型エスクードのフロントマスクを見ると、ナンバープレートが収まるバンパー部分を台形にデザインするなど、エスクード2.4との共通性が見られる。

少し鋭角的でボディサイドは直線基調。このあたりもSX4・Sクロスと雰囲気が違うが、後ろ姿は良く似ている。

スズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクード

スズキ エスクード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ エスクード の関連記事

スズキ エスクードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ エスクード の関連記事をもっと見る

スズキ エスクード の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21