ドライブ中も目的地でもコレ1台あれば安心&快適!|パナソニック 大画面カーナビ ストラーダ CN-F1X10BD(1/2)

画像ギャラリーはこちら
パナソニックの新型カーナビ「ストラーダ CN-F1X10BD」の進化を体感すべく藤島知子さんと、プライベートで2017年モデル「CN-F1XD」を愛用中のMOTA編集部・木村の二人が静岡県のふもとっぱらキャンプ場まで長距離テスト。ストラーダの旧モデルユーザーが羨む進化ポイントとは?
目次[開く][閉じる]
  1. 古いクルマにも先進の安全支援機能を! どんなクルマでも大画面化
  2. フリック操作などスマホ感覚で簡単に使えるのも◎
  3. 操作ボタンを一新! ブラインド操作が可能に
  4. ドラレコ連携&逆走検知・警告機能など先進の安全支援機能が充実
  5. 外出先で超絶きれいな映像で映画を楽しめるのはストラーダだけ
  6. 先進の安全支援機能や丁寧な案内などすべての世代にオススメできる1台
  7. 今なら豪華グッズがもらえるチャンス!

古いクルマにも先進の安全支援機能を! どんなクルマでも大画面化

パナソニックStradaが磨きあげた技術で大幅にアップデートされたのが、今回ご紹介するストラーダの大画面モデル「CN-F1X10BD」。このカーナビはインパネの2DIN用のスペースにナビ本体を収め、10インチのディスプレイを手前にフローティングする方式で設置するもの。

>>>旧型のクルマも最新の大画面ナビが手に入る?先進の安全安心機能を 古いクルマの装着画像をチェック!

業界最多の400車種以上に対応※

大画面のモニターに憧れはあっても、「自分のクルマに設置できないかも」と諦める場合もあるが、ストラーダCN-F1X10BDは2DIN用のスペースがあれば装着できる可能性大! インパネを改造することなく、大画面モニターを設置することができるのが最大の特徴だ。その装着可能な車種の数たるや、10インチナビとして業界最多となる400車種以上。※対応車種についてはコチラをチェック。

つまり新車だけでなく年式が古いクルマでも、このカーナビを装着すれば、先進機能をすぐさま手に入れられるというワケだ。早速、最新モデルをテストしていこう!

フリック操作などスマホ感覚で簡単に使えるのも◎

使い慣れたスマホのように操作できるのもストラーダの魅力。目的地の設定やオーディオ操作など直感的に操れるのだ。

藤島:先ずは目的地設定から。トップ画面からタッチパネルを操作してみると、メニューの分類はナビやAV、設定関連など、分かりやすいですね。操作の反応もスマホのようにサクサク動いて気持ちイイ。木村:僕が使っている2017年モデルは9インチモニターですが、新型のデザインはフレームの外径サイズは変わらずに、表示画面のサイズが9インチから10インチに大きくなっているんですよ。フレームの素材は軽量で変形しにくいマグネシウム合金を採用し、見た目にも高級感が増してカッコよく進化したんです。

 

藤島:高品質で最新機能をもつカーナビがインパネの中央に設置されると、インテリア全体も現代風に進化しますね。

好みにモニターの角度を調整できる

木村:モニターは上下左右に首を振って角度を調整できるというのも、このナビの魅力なんですよ。例えばドライバー寄りにするとか、はたまた助手席から見やすくするといったことも。

 

藤島:なるほど。男性とはシートスライドの位置が異なる小柄な女性の運転ポジションでも、見やすい角度に調整できますね。安全面にも貢献してくれそう。

操作ボタンを一新! ブラインド操作が可能に

木村:操作は画面上のソフトボタンの他に、フレームの上部にAUDIOやMAPなどのスイッチが設置されています。従来はどれも同じ大きさのスイッチだったけれど、このモデルは指先だけで機能の違いが把握しやすいものに変わりましたね。未だに僕は間違えることもあるので、正直かなりうらやましい……

 

藤島:確かに、コレは運転中でもブラインドタッチしやすい! 運転に集中できるから、たしかに嬉しい進化ですね。
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
藤島 知子
筆者藤島 知子

通称「藤トモ」。スーパー耐久のレースクイーンを経験後、軽自動車レースに参戦したことがきっかけで様々なレースに参戦。レースで培った技術と女性ならではの視点が魅力の女性モータージャーナリスト。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる