【PR】ドラレコを内蔵したイクリプスの新しいカタチ“録ナビ”徹底検証!(1/3)

【PR】ドラレコを内蔵したイクリプスの新しいカタチ“録ナビ”徹底検証!
イクリプス 録ナビ AVN-D7W イクリプス 録ナビ AVN-D7W イクリプス 録ナビ AVN-D7W フロントガラス(ルームミラー裏)に小型カメラを取り付けるだけなので車室内もスッキリ 画像ギャラリーはこちら

ドライブレコーダー内蔵のニューモデル「録ナビ」で行く安心ドライブ!【ドラレコ編】

イクリプス 録ナビ AVN-D7WITSエヴァンジェリストの高山正寛氏

カー用品の世界で、ここ数年の間に大きくマーケットを拡大しているのが、ドライブレコーダーであることを知っている人も多いはずだ。

実際、ドライブレコーダーの販売台数は年々増加している。昨今の安全への意識の高まりや消費者の商品への理解度の向上、さらに低価格モデルなどの登場により販売が伸びているのだ。

しかし、ドライブレコーダー単体では機能自体が限られており、またボディ自体を小型化しなければならないこともあり、操作性(スイッチ)などの面で使いづらさもあるという声も聞く。

そこに登場したのが、富士通テン「イクリプス」のニューモデル録ナビである。 今回、この録ナビを実際に装着した車両で『録ナビ徹底検証!』と銘打ってその実力をチェックしてみた。

ドラレコとカーナビ、それぞれのノウハウを持つスペシャリストの結晶

イクリプス 録ナビ AVN-D7W

劇的なモデルチェンジを受けたイクリプスのAVN、その中でドライブレコーダーを内蔵したモデルは録ナビと呼ばれる。

これらの機能を紹介する前に、ひょっとしたら「なぜイクリプスがドライブレコーダーなんだ?」と思う人もいるのではないだろうか。しかし、それは大きな勘違い。

実は富士通テンは、業務用ドライブレコーダーの領域では2005年からトラックやバス、そしてタクシーなどの事業者向けに販売を行っている。

さらに通信によるビッグデータを使うことで安全運転の面でも管理ができるなど、この分野では常に先進的な提案を行ってきたのだ。

つまり今回の「録ナビ」はドライブレコーダーとカーナビゲーション、それぞれ高いノウハウを持つスペシャリストが集まって作り上げた新しい商品なのである。

直感的でスムーズに操作が可能!さらにバックアイカメラ接続により、後方の安心感も高まる!

フロントガラス(ルームミラー裏)に小型カメラを取り付けるだけなので車室内もスッキリ

さて前述したように、これまでのドライブレコーダーはカメラ部のほか、スイッチ類をひとつのボディにまとめなくてはならないので、筐体が大きくなりがち。

しかし、録ナビはまずこのドライブレコーダー本体をAVNの本体に内蔵した。つまりフロントウインドウに設置されるのはカメラのみということになる。実際カメラは小型化され、取り付けた状態は視界を妨げることなくスッキリとしている。

イクリプス バックアイカメラ

さらに、このモデルは対応するバックアイカメラを接続すると、後方も“同時”に記録できる機能を搭載している。信号待ちや渋滞時に「もし追突されたら・・・」という不安もかなり解消するのでドライバーの安心感は大きく向上するはずだ。

そして何よりも録画された映像や録画品質など細かい設定も含め、ドライブレコーダーのすべての操作をAVN側で行える点が便利である。

イクリプス 録ナビ AVN-D7W  [ドライブレコーダー 映像再生選択]録した映像はリストや画面、さらに地図からも確認できる

 実際に走行中に録画された映像を停止した後、ナビのディスプレイ上ですぐ見られるのは便利だし面白い。

印象的だったドライブ風景など記録した映像はリストや画面、さらに地図からも確認できるが、好みに応じてタッチするだけで直感的かつスムーズに最新のドライブレコーダーを操作できる。

今回は昼だけでなく、夜も実走行を行ったが、200万画素のカメラに明るさが変化しやすい環境下でも高い視認性を実現するHDR合成技術を組み合わせることで、夜間でも前走車のナンバーなどもくっきりとした映像で確認できた。

もしもの時だけではなく、ドライブで気になった場所や想い出を記録するなど使い方はユーザー次第。

それに応えるべく記録方式も常時記録のほか、急な衝撃を感知して自動で記録保護するイベント記録、付属のスイッチ操作での手動記録にも対応しているなど単に実用一点張りではなく、ドライブレコーダーの新しい楽しみ方も提案しているのだ。

フロントガラス(ルームミラー裏)に小型カメラを取り付けるだけなので車室内もスッキリフロントガラス(ルームミラー裏)に小型カメラを取り付けるだけなので車室内もスッキリイクリプス 録ナビ AVN-D7W  [オフセット設定]イクリプス 録ナビ AVN-D7W前方だけでなく後方も記録
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
高山 正寛
筆者高山 正寛

1959年生まれ。自動車専門誌で20年以上、新車担当デスクおよびカーAV記事を担当。途中5年間エンターテインメント部門で書籍編集長を歴任後1999年フリーへ転身。フリーランスとして年間ほぼすべての国内における新型車への試乗および新車インプレッションを行う。またITS EVANGELIS(カーナビ伝道師)としてカーナビを含めたITS関係、カーエレクトロニクスから先進技術、また通信関連、PCや携帯電話などの執筆も行う。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる