まもなく普及する「自動運転」の実態は進化した“スーパークルーズコントロール”!(1/3)

まもなく普及する「自動運転」の実態は進化した“スーパークルーズコントロール”!
トヨタの新型自動運転実験車(Urban Teammate)[レクサス LS] トヨタの新型自動運転実験車(Urban Teammate)[レクサス LS] トヨタの新型自動運転実験車(Urban Teammate)[レクサス LS] トヨタの新型自動運転実験車(Urban Teammate)[レクサス LS] 画像ギャラリーはこちら

安全技術の向上と深く関わりのある「自動運転」

トヨタの新型自動運転実験車(Urban Teammate)[レクサス LS]
日産の自動運転技術「プロパイロット」を搭載したリーフホンダ 自動運転車「AUTOMATED DRIVE(オートメイテッド ドライブ)」

今の自動車業界で話題の技術といえば「自動運転」だろう。

2016年5月26日から27日に開催されたG7伊勢志摩サミット(第42回先進国首脳会議)では、トヨタ/日産/ホンダが自動運転車両を披露した。また、自動運転車両を使った「ロボットタクシー」の実証実験も行われた。

これらの実験はいずれもドライバーが運転席に座って行うが、実験中はハンドルやペダルなどが車両によって自動的に操作される。

今後も実証実験の増えることが予想されることから、警察庁は2016年5月下旬に「自動走行システムに関する公道実証実験のためのガイドライン」を発表した。

あくまでもガイドラインで実証実験を支援する趣旨だが、運転者が自動運転車両の運転席に必ず座ること、公道を走る前にテストコースなどの実験施設内を走行して、安全を確認することなどを盛り込んだ。

今日の自動運転の技術は、緊急自動ブレーキを作動できる「安全装備」と深くかかわっている。

先進の安全装備には相手方の車両を検知するセンサーとして、ミリ波レーダー/赤外線レーザー/音波センサーなどが備わり、カメラを使って車両/歩行者/自転車/路上の白線などを認識する技術もある。

これらの機能を組み合わせると、衝突の危険が迫った時の警報や緊急自動ブレーキ、車線逸脱の警報などに加えて、さまざまな運転支援も可能になる。停止状態まで含めて車間距離を自動制御しながら追従走行できるクルーズコントロール、道路の曲がり具合に合わせてステアリングの操舵を支援する機能などがすでに実用化された。

さらに今のクルマには、ミリ波レーダーやカメラを使ってドライバーの死角に入る並走車両を検知する安全装備も用意され、これを応用すれば自動的な車線変更も行える。

つまりは先進の安全装備に各種のソフトウェアを組み合わせることで、自動運転の可能性が開けたといえる。

自動運転に積極的な姿勢を見せる自動車メーカー

テスラ(モデルS)のオートパイロット機能2017年新型ハイブリッドミニバン「パシフィカ」

自動車メーカーは自動運転に積極的だ。テスラは一定の時間内であれば速度の増減に加えてハンドル操作も自動で行えるようにした。

日本車ではスバル レヴォーグのアイサイトバージョン3などが、クルーズコントロール走行時に「車線中央維持機能」を作動できる。ハンドルを握っていることが前提だが、車線の中央を走れるようにパワーステアリングの操舵を支援する力が加わる。

インターネット関連のサービスを幅広く提供するグーグルは、自動運転のソフトウェアを開発中だ。2016年5月上旬には、フィアット・クライスラー・オートモビルズと自動運転に関する提携を行うと発表した。

このように最近は、自動運転に関する動きが活発。互いに競争しながら、ニュースを発信しているようにも見受けられる。

スバル レヴォーグのEyeSight追従イメージ

日本のメーカーでは、日産が「プロパイロット(自動運転)」の機能を備えた新型車を2016年度中に発売すると発表した。高速道路上の単一車線上での自動運転を可能としており、次期セレナなどに搭載される模様だ。

スバルも先に述べたアイサイトを応用する自動運転技術を開発しており、2017年には自動車専用道路の同一車線上でレーンをキープする渋滞追従機能を実現する。

2020年には、高速道路上で車線変更を含めた自動運転を可能にするという。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる