ルノー アヴァンタイム 試乗レポート

ルノー アヴァンタイム 試乗レポート
フロントスタイリング リアスタイリング サンルーフ イメージ 画像ギャラリーはこちら

常識破りのデザイン。ルノーが提唱する“ニューコンセプト・クーペ”

リアスタイリングドアライニング

何とも斬新で個性的なルックスの持ち主であるアヴァンタイムを、ルノーでは“ニューコンセプト・クーペ”と位置付けている。フロントカウルを前進させ、ボディのフロントエンドから1.6mを越える高いルーフ部分までをワンモーション風ラインで表現。いわゆるモノスペース調のキャビンを備えるそんなプロポーションのクルマを、しかしルノーでは決してミニバンなどとはカテゴライズしていない。それが証拠に、ヨーロッパの元祖ミニバンであるエスパスのシャシーをベースに生まれるこのクルマには、“ミニバン必需品”であるスライドドアや3列目シートは用意をされていない。それどころか、アヴァンタイムのサイドウインドウ・グラフィックからはBピラーが省かれ、ドアも左右に一枚ずつという常識破りのデザイン。パッケージングもデザインも、何もかもが前衛的で独創的なのが、まずはこのクルマ最大の特徴ということになる。

ミニバンとして接してはいけない。今まで感じたことのない新感覚のスタイリング。

サンルーフイメージ

これは“車輪のついた宇宙船”だ――“実物”を目前にし、乗降性向上のためダブルヒンジ式とされた凝ったドアを開いて室内に足を踏み入れたぼくには、このクルマのデザインがそう感じられた。

ミニバン風シルエットを持つこのクルマは、しかしそうしてミニバンを前提に接しようとすると、様々な点でつじつまが合わない事態を生じる。例えば、ホイールベースの真中当たりというグンと後退した位置に置かれたフロントシート。5人乗りレイアウトなのに、レッグスペースもヘッドスペースも不足気味の後席スペース。リアウインドウがグンと前進し、その分だけ削られることになったラゲッジスペースなどがそれだ。

一方で、そのスタイリングはどこをとっても見事に前衛的。スイッチ類やメーター類が大胆に整理をされた2トーンカラー基調で個性的なデザインのダッシュボードを目前にしてドライバーズシートに腰掛け、極端に遠いフロントガラスから前方の景色に目をやると、この冒頭に述べたような未来的な感覚を抱いてしまうのである。

どんなシーンでも十分な加速力を生み出す最強エンジン。

エンジン試乗

アヴァンタイムが自ら“ニューコンセプト・クーペ”を謳うとあっては走りのポテンシャルにもある程度の期待を抱かざるを得ない。が、実際このクルマはそうした期待に応えてくれている。まずは動力性能が、スペシャルティ・クーペと呼ぶに相応しい強力さだ。

日本仕様のアヴァンタイムが積むのは、本国では最強力バージョンに搭載される3リッターの4バルブV6ユニット。207psという最高出力を誇るこのエンジンは、およそ1.8トンと重い重量にも拘わらず、どんなシーンでも十分な加速力を与えてくれるのだ。

ATのプログラミングが「これまで出会ったフランス車の中で最上級!」と思わせてくれるものであったことも、静粛性の高さなど共にこうした好印象に拍車をかけている……と思ったら、マニュアルモード付きのこのAT、実は日本製とのこと。どうりで日本の道にもうまくマッチしてくれるわけである。

フットワークのテイストは、「しなやか」かつ「しっかり」といった印象。コーナリングのポテンシャルもなかなかに高い。“ちょっと速いコーナリング”でタイヤが悲鳴を上げたりすることもないのだ。

国産メーカーには真似できない、個性とユニークさを売るクルマ。

インパネシート

なんともユニークで個性的なアヴァンタイムには、日本で『500万円』という価格が与えられた。正直なところ「期待をしていたよりも高いかナ?」という思いもあるが、他に類を見ないこうしたクルマを――しかも、日本で大量に販売するのは不可能であることを知りながら――導入してくれたインポーターの努力を思うと、そうとも言い切れないもしれない。

それにしても、皆がこぞって“同じようなクルマ”を生み出すことになっている日本のメーカーのマーケティング戦略からは、決して生まれ得ないのがこうしたキャラクターのクルマ。とびきりフランス的にアヴァンギャルドな雰囲気を味わわせてくれるのが、このルノー・アヴァンタイムであると言うことが出来そうだ。

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
河村 康彦
筆者河村 康彦

1960年東京生まれ。工学院大学機械工学科卒。モーターファン(三栄書房)の編集者を経て、1985年よりフリーランスのモータージャーナリストとして活動を開始し、現在に至る。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員 などを歴任。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ルノー アヴァンタイムの最新自動車ニュース/記事

ルノーのカタログ情報 ルノー アヴァンタイムのカタログ情報 ルノーの中古車検索 ルノー アヴァンタイムの中古車検索 ルノーの記事一覧 ルノー アヴァンタイムの記事一覧 ルノーのニュース一覧 ルノー アヴァンタイムのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる