日産と三菱の軽自動車を共同開発してから10周年! 今こそパジェロミニの復活と軽自動車のEVモデルの投入で軽自動車首位を!

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日本の新車市場の約4割を占めるほど人気カテゴリーとなった軽自動車。スズキやダイハツ、昨今で言えばN-BOXという大ヒット車を輩出したホンダなどが凌ぎを削っている状況である。そこに三菱と日産が合弁会社NMKVを2011年に設立して、現在は共同で軽自動車を開発しているというイメージである。2021年にNMKV創立10周年を迎えたのだが、そもそもなぜ日産と三菱はタッグを組むこととなったのか? 今回はその理由をご紹介するとともに、今後NMKVに期待したいコトを見ていこう。

打倒スズキ&ダイハツ! 日産と三菱のタッグで軽自動車のシェア拡大を目指す

日産はもともと軽自動車をラインアップせず! 一方の三菱は1960年代から軽自動車を市販化

そもそも日産はカルロス・ゴーン元社長が赴任するまで、自社で軽自動車の開発を行なっていなかった。初来日した際に黄色ナンバーをつける小さなクルマを見て「なぜ日本でこんなにも愛されている軽自動車を日産は生産していないんだ?」という発言をキッカケに、日産は2002年よりスズキからOEM供給を受けた「モコ」を発売したのだ。

その後三菱からもOEM供給を受けオッティなるモデルを投入するなど、積極的に軽自動車市場に打って出たのだ。

一方で三菱は1960年代から軽自動車を作り続けているメーカーである。1994年に投入した初代パジェロミニ、2002年に登場のeKワゴンをヒットさせるなど、一定層から支持されていたという経緯がある。

プロパイロットなど“ならでは”の機能で訴求

その後、ご存知の通り軽自動車のシェアが拡大し、今や新車市場の約4割を占めるに至っている。三菱と日産がタッグを組んだ背景には、スズキやダイハツなどといった軽自動車を得意とするメーカーと戦うためのである。単独で戦うよりは双方の得意分野を結集し、シェア拡大を図ったと言うワケである。ちなみにこれまでeKワゴンやデイズなどの全4種、8車種を投入している。

現在もっとも売れている軽自動車であるホンダ N-BOXやスズキ スペーシアといった強豪モデルの販売台数に追いつくべく、プロパイロットなどの先進装備といったならではの機能で訴求しているという状況である。

>>実燃費ナンバー1はN-BOXじゃなかった! 1位は25.1km/Lを記録した日産 ルークス【軽自動車実燃費ランキング 2021年初夏版】

今こそSUVと電気自動車モデルの投入を! 今後三菱と日産の軽自動車に期待したいコトとは!?

ハスラー人気の今、パジェロミニの復活を

日産と三菱の双方が協力して開発しているとあれば、期待したいことも多々あるのだ。具体的にはかつて三菱が販売をしていたパジェロミニのようなSUVモデルの投入。現在スズキ ジムニーやハスラーなど軽自動車もまたSUVブームの余波を受けている状況であるが、現在三菱や日産からそういったコンセプトのモデルなどは発表されていない。それだけに共同開発のSUVモデルの投入に期待したいところである。

電動化が得意な三菱と日産しかできない!? 軽自動車のEVモデル

そしてもう一つは軽自動車のEVモデルの投入である。三菱は世界で初めて電気自動車「アイミーブ」の市販化に成功、そして日産もまたもっとも世界で売れているEV「リーフ」を投入するなど両者ともに電気自動車をかねてより得意としているのだ。すでに東京モーターショー2019には日産がIMkコンセプトなるデイズをベースとした電気自動車のコンセプトモデルを発表しており、まもなくの市販化が見込まれているのだ。

電気自動車といえば航続可能距離が最大のネックとなる場合が多いが、街乗り中心で使うユーザーの多い軽自動車がもっともマッチするクルマなのである。それだけに、日産三菱の共同開発をした軽自動車のEVをいち早く投入して欲しい。

>>軽サイズEVの日産 IMkは市販化目前!? 注目は車内にアリ

未だ日産と三菱の軽自動車は決してヒットと言えるモデルを輩出できていない状況である。だからこそ両者の旨みを生かした独自性の強いモデルに期待したい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円213.3万円
中古価格:
14万円244.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 ルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ルークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる