日産の“プロパイロット”って実は3種類あった!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日産といえば電動化や自動運転といった未来を思わせるようなキーワードを使ってクルマをアピールしている。とくに自動運転技術を用いた「プロパイロット」なる機能を全面に押し出している。実はこのプロパイロットの中でもいくつか種類があるのだが、短いTVCMではちょっとわかりづらいところがある。今回は、日産のプロパイロットにフォーカスし、機能の違いなどをご紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 低価格帯で実現! 自動運転が現実のモノに!?
  2. 自動運転社会が近づいた!? プロパイロット2.0のキモはナビ連動
  3. 機能の違いをアピールすべし! 

低価格帯で実現! 自動運転が現実のモノに!?

そもそもプロパイロットとは、高速道路やバイパスなどを指す自動車専用道路において同一車線に限って加減速、さらにはステアリングアシストまでも行う運転支援システムだ。

フロントガラスに装着されている単眼カメラのみでセンシングをしているため、前方に割り込み車両、あるいは悪天候といった状況では作動しない場合もあり、あくまで補助機能という側面が強い。

初めて搭載されたのは2016年にデビューした5代目セレナ。そしてリーフ、さらにはエクストレイルやデイズシリーズといった日産を代表する人気車種を中心に展開されている。

>>こんなにあった! プロパイロットが装着できるクルマをイッキ見

自動運転社会が近づいた!? プロパイロット2.0のキモはナビ連動

単眼カメラのみでセンシングしていたプロパイロットに対して、大幅に改良されたのが20xx年x月に追加された、スカイライン ハイブリッドの「プロパイロット2.0」だ。既存の機能に加えてハンズオフ、さらにはナビ連動による自然な制御を可能にしており、いってみれば全く別次元の機能である。

機能だけでなく、センシングする布陣も大幅に進化しており、フロントカメラはiPhoneの上位機種と同じく3眼カメラに(広角、標準、望遠)、さらに5個のミリ派レーダー、超音波ソナーを12個を備えている。

先読み制御で超自然に!

もっとも注目なのは、ナビゲーションと連動した3D高精度地図データを活用している点だ。他社含め、これまで先進安全装備とナビは別物と考えられていたが、プロパイロット2.0に関してはナビと連動させているのだ。

どういうことか? 日産は自動運転社会の実現には高精度な地図が不可欠と考えており、既存のナビに必要な地図データとは異なる、車線の数や道路の勾配といった細かな情報を落とし込んだ高精度マップを地図メーカーと共同開発している。プロパイロット2.0を搭載するスカイラインにも、この高精度マップをインストールした。

>>高精度マップって何 !? その正体がコレ

これにより、今後起こりうるコトをクルマ自身が先読みし、自然な制御が可能となるのだ。筆者が高速道路において、この機能をテストした際にプロパイロットではコーナーに差し掛かってからステアリングが動き出すために、カクカクとした動きであった。だが、プロパイロット2.0に関しては、まるで人間が運転しているかの如く制御が自然であったことを覚えている。自動運転が現実のモノになりそうと思わずにはいられないほどであった。

ただ、先のプロパイロットはさまざまな車種に搭載されているが、現状プロパイロット2.0はスカイライン ハイブリッドのみ。しかも557万5900円〜と決して安くない金額なのだ。

プロパイロット1.5もあった!? その違いとは

上記のようにプロパイロットとプロパイロット2.0のように大きく2種類が存在するのだが、じつはこの中間に位置するモノも存在する。それは昨年2020年12月に発売祭れた新型ノートに搭載されたプロパイロットである。

名称こそ既存のモノと同じながら、その機能はプロパイロット2.0にかなり近く、ナビ連動機能を有しているなど、いわばプロパイロット1.5と呼べるほどの内容なのだ。

最大の違いは高精度マップを使用しているか、しないかの違いだ。スカイラインハイブリッドほど正確な制御とまではいかないながらも、ナビと連動することで道路の先読み機能も搭載するなど、セレナなどのプロパイロットの進化版というイメージである。

また、新型ノートにはプロパイロット緊急停止支援システムなる機能をプロパイロットとセットで展開している。走行中に、予期せぬ事象が発生し、ハンドル操作が一定時間検知されず、かつメーター表示や音による警告にもドライバーの意識反応が得られなかった時には、ハザードを点灯して徐々に減速し停止。

NissanConnect サービスに加入している場合は、その後に緊急通報センターに音声接続し、必要に応じて警察・救急に連絡して緊急車両がかけつけるといいった、もしもの時でも安心して使用できるのだ。

機能の違いをアピールすべし! 

通常プロパイロットのような先進機能は、まず高価格帯のクルマに搭載し、のちに手頃なコンパクトカーなどにも! という流れが基本のなか、あえてより多くの人が購入するミニバンやコンパクトカー、さらには軽自動車といったクルマたちに積極的に採用し、より多くの人に、いち早く訴求するという側面においては見事である。

だが、昨今のテレビCMにおいてプロパイロット装着車は、まるで全て同じ機能を搭載しているようにアピールしている節がある。機能を正確に調べれば分けることではあるのだが、せっかくの技術なのだから、もう少し噛み砕いて説明してほしいところ……。

今年2021年には、プロパイロット2.0の進化版を搭載するアリアが発売される予定で、ますます自動運転への加速が進むと思われる。それだけに次は一体どんな機能を販売するのか!? など日産の動向に注目だ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
12万円369.6万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる