日産 新型サクラのデザインはもっとEVらしさがほしかった!? 街乗り前提なら航続距離にも満足できそうだ【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:堤 晋一/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
日産自動車は2022年5月20日(金)、新型となる軽EV(電気自動車)「日産 サクラ」を今夏に発売すると発表した。

補助金などを加味すると実質200万円を切る価格で登場する新型サクラについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型サクラの日産らしい先進的なデザインは概ね好評だが、斬新さが欲しいという意見も
  2. インテリアの質感は写真だけでは分かりにくい? ぜひ実車で確認して欲しいところだ
  3. 価格には前向きな意見! 早くもスライドドア版がほしいという声も

新型サクラの日産らしい先進的なデザインは概ね好評だが、斬新さが欲しいという意見も

外観、デザイン

新型サクラは、100%電気で走る新型の軽EV。コンパクトなボディでありながら、通勤や買い物などの日常的なドライブに十分な航続距離(最大180km)と広々とした室内空間を確保する。新型サクラは3グレード用意されており、価格(税込)は233万3100〜294万300円。

新型サクラのデザインから見ていこう。

見た目は軽自動車の日産 デイズ、ルークスとも差別化を図っている。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mmと、全長と全幅はデイズ、ルークスと変わらないが、全高はルークスに比べるとヒンジドアである分下げられており、デイズよりは少し頭上方向が高い。次世代の日産らしいフロントフェイスと光るエンブレムを採用し、落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるデザインだ。

そんな新型サクラのデザインについては、

「兄弟車の三菱 新型ekクロス EVに負けないデザイン」

「リアもスッキリしてカッコいい」

「外観は日産 デイズより進化している」

といった前向きなコメントが多い一方、

「EVらしさを期待していたが普通の軽自動車のようなデザインが残念」

など、デザインの斬新さが欲しかったという声も挙げられた。

インテリアの質感は写真だけでは分かりにくい? ぜひ実車で確認して欲しいところだ

内装、インテリア

また、新型サクラのインテリアは高品質なファブリックを広範囲にしつらえ、シートには座り心地の良いソファデザインを採用することで、ワンランク上の質感を演出。上級グレードではカッパー色のフィニッシャーを水平ラインに配置することで室内をモダンで広がりのある空間へと仕立てた。前席のインパネは奥行きを持たせ、室内空間を広々と見せている。

新型サクラのインテリアについて、

「質感が高い」

と高評価もある一方で、

「写真ではデイズと同じように見える」

「内装はさすがにリーフや新型アリアほどではない」

といった厳しい意見も見られた。写真だけでは素材や触れた感触などが分かりにくいかもしれないので、ぜひ実車に触れてみてほしいところだ。

価格には前向きな意見! 早くもスライドドア版がほしいという声も

また、新型サクラの価格や装備については

「この価格帯なら一気に普及する気がする」

「軽規格のEVはシティコミューターとして魅力的」

「航続距離180kmなら街乗りには十分」

「後席スライドドアがほしい」

といった満足感や、早くも今後の改良へ期待の声も挙がった。

またエアコンなどの装備を使用した際の航続距離など、実電費を知りたいという声もあった。今後、MOTAでは公道試乗などの機会にその点についてもレポートしていきたいと思う。

【筆者:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる