DMMと佐賀県唐津市がEV充電インフラ整備を軸とした地球温暖化対策に関する連携協定を締結


~EV充電器を市内公共施設に設置し、EV普及を促進~



合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長兼CEO:亀山敬司、以下「DMM」)と佐賀県唐津市(市長:峰達郎、以下「唐津市」)は、地域課題の解決に向けて、相互の知見や資産などを活かし、EV充電インフラ整備をはじめとした地球温暖化対策に関し協力することで、市民生活の利便性を向上させ、市域の経済循環につなげていくことを目的とし、連携協定を締結いたします。


DMMは60以上の事業を展開しており、EV充電サービス「DMM EV CHARGE」では、事業者および利用者双方にとって便利で身近なEV充電サービスの提供と、サービスを通じた地域のビジネス支援を目指しています。
唐津市では、2023年3月27日に「ゼロカーボンシティ」を宣言し、市民・事業者・行政が一体となり、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを推進しています。(※)
今回の連携協定により、市有施設にEV充電インフラを整備することでEV普及を促進し、ゼロカーボンシティの実現を目指してまいります。

(※)唐津市 ゼロカーボンシティ宣言の表明
https://www.city.karatsu.lg.jp/seikatsu-kankyou/keikaku/zerocarboncity.html

協定の目的

DMMと唐津市が相互に密接に連携することにより、地域課題の解決に向けて、相互の知見や資産などを活かし、EV充電インフラ整備をはじめとした地球温暖化対策に関し協力することで、市民生活の利便性を向上させ、市域の経済循環につなげていく。
協定に基づく連携事項

(1) EV充電器の設置に関すること。
(2) EV充電器を起点とした蓄電池、ソーラーカーポートを組み合わせた再生可能エネルギーソリューションの展開に関すること。
(3) クリーンエネルギー自動車の普及促進に関すること。
(4) 地域・暮らしの安全・安心に関すること。
(5) 前各号に掲げるもののほか、協定の目的を達成するために必要と認められること。
合同会社DMM.com EV事業部 自治体統括責任者 高橋 知久 コメント

唐津市はゼロカーボンシティの実現に向け、市民・事業者・行政が一体となり、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを積極的に推進されております。
DMMが培ってきたノウハウやテクノロジーを活用し、唐津市の地域課題の解決に貢献していければと考えており、まずは市有施設にEV充電インフラを整備することでEV普及を促進してまいります。
唐津市 市長 峰達郎 コメント

唐津市では、昨年3月に唐津市の豊かな自然環境と次世代の暮らしを持続可能なものにし、2050年には温室効果ガスの排出実質ゼロを目指すため、「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。
この度、DMM.com様との間で、公共施設へのEV充電設備の設置をはじめとした地球温暖化対策を目的とした連携協定が締結できることを大変うれしく思っております。
EV利用者にとって便利で身近なEV充電サービス「DMM EV CHARGE」が提供されることで、市民生活の利便性向上やゼロカーボンシティに向けた取組のさらなる広がりにつながることと大変心強く感じております。
今後DMM.com様との協働によりEV普及をはじめとした地球温暖化対策の機運を高め、市域における脱炭素化を加速させてまいりたいと考えております。
「DMM EV CHARGE」とは

DMM EV CHARGEは、全国の商業施設や宿泊施設、公共施設、マンション等でご利用いただけるEV充電サービスです。普通充電器および急速充電器の導入に伴う初期費用(機器・工事費)とサービス利用料が無料の「0円プラン」をはじめ、事業者のニーズに合わせた様々なプランを提供しています。顧客の新たな来店動機となることで来店頻度や継続利用が増えたり、充電を目的として来店した潜在顧客層へのリーチ、地域のインフラとしての役割の発揮など、EV充電サービスを通じた地域のビジネス支援も行ってまいります。

<事業者のメリット>
・0円プランを用意。費用を抑えてEV充電器を導入したい事業者にも対応。
・EV充電器の導入に伴う現地調査、工事、補助金申請など、面倒な手続きをすべて代行。
・24時間365日のサポート体制を完備。緊急時の駆け付け対応、充電器の修理をサポート。

<EVユーザーのメリット>
・6kW~180kW出力のEV充電器を提供。設置場所の利用ニーズ・利用状況に応じて、最適な充電器を選択可能。
・簡単なアプリ登録とクレジットカードの登録だけですぐに充電と決済が可能。
・アプリ決済はDMMアカウントとの連携を予定。DMM.comの会員4,101万人が即時にサービス利用可能に。

・サービスサイト:https://ev-charge.dmm.com/
各プランの詳細はサービスサイトをご参照ください。
また、EV充電器の導入を検討されている事業者の方も、サービスサイトからお問い合わせください。
合同会社DMM.com について

会員数4,101万人(※)を誇る総合サービスサイト「DMM.com」を運営。1998年の創業以来、多岐にわたる事業を展開し、現在は60以上のサービスを運営。動画配信や電子書籍、アニメなどの多様なエンタメサービスに加え、3Dプリントや消防車・救急車の開発といったハードウェア分野、web3やAIなど最先端のテクノロジーを取り入れた事業など、様々な事業を手掛けています。2022年にはサブスクリプション会員システムの「DMMプレミアム」を立ち上げ、あらゆるエンタメ体験をシームレスにつなぐ「マルチエンタメ・プラットフォーム」の創造を目指しています。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。
※2023年2月時点

・企業サイト:https://dmm-corp.com/
・プレスキット:https://dmm-corp.com/presskit/
・公式オウンドメディア:https://inside.dmm.com/


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる