イード、自動車総合情報プラットフォーム「レスポンス」のビジネス会員が2万人を突破~EV、カーボンニュートラル燃料など次世代自動車に関するビジネスへのニーズに対応


株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川 洋)が運営する自動車総合情報プラットフォーム「レスポンス( https://response.jp/ )」は、ビジネス会員の登録数が2万人を突破しました。




■100年に1度の大変革期を乗り越えるために
自動車業界は、2021年の全世界4輪車販売台数8,268万台、2020年の保有台数15億3,526万台(5.1人に1台)という巨大市場(※)です。同時に世界のカーボンニュートラルやデジタル化の急速な動きに対応したEVシフトや自動運転(AD)、高度運転支援システム(ADAS)の導入、さらに交通手段が社会変革に繋がるMaaS(Mobility as a Service)など変化が急速に進んでおり、自動車市場は100年に1度の大変革期にあるとされています。
(※)JAMA(日本自動車工業会)資料より

しかし、CASE=Connected(ネットワーク接続)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)やMaaSといったバズワードばかりが先行し、実際に自動車産業の中で何が行われ、何が変わって行くのかをアップトゥデートに把握することは容易ではありません。

最も古い20年以上の歴史を持つ自動車専門Webメディアであるレスポンスは、この時代の変化に対応すべく2022年6月にリニューアルを行い、ビジネス会員限定のコンテンツ提供を開始しました。

誰でも無料でビジネス会員になることができ、EVや電池産業、半導体、SDV、カーボンニュートラル燃料など新しい自動車産業の内側を取材し解説するコンテンツを閲覧できます。

このビジネス会員の総計が2024年1月に2万人を突破しました。

■ビジネス会員のための5大コンテンツ
 レスポンスでは、自動車産業の最新情報に興味関心を持つ読者のために各種のコンテンツをご用意しています。

1.ビジネス会員限定記事
CASE、MaaSの最新情報や「自動車業界株価ウォッチ」「人事情報」なども。自動車業界の最新報道に加え、展示会レポート、開発者インタビュー、業界を深掘りする独自視点の連載や解説記事も配信。

2.ビジネスセミナー
大人気セミナー「中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイト」はSeason2のvol.7で、ソニー・ホンダモビリティの水野代表取締役会長がゲスト講師に。新たなシリーズ企画として「【池田直渡の着眼大局セミナー】第2回~インドにおけるスズキの成長戦略~」「どうなるトヨタの今後」「2030年代に向けた自動車産業の次世代ビジネスモデル」「「テスラの事業戦略」を大研究」など自動車業界のトピックス、キーマンを招いたオンラインセミナーを毎月4回以上開催。セミナー開催後はアーカイブでも視聴できます。



3.調査レポート
「中国のNEV市場動向」「BYDのNEV戦略~中国が創出した世界一のEVメーカー~」「中国・新興EVメーカー調査」「充電インフラの市場動向」「SDVの市場動向」など自動車産業の各分野を整理・分析した調査レポートを提供。



4.EVリスキリング講座
EVの基礎からビジネスを30分で一挙に習得できる「EVリスキリング講座」は30講座を提供。特徴は、
・基礎からビジネスまで多くのEV関連分野を網羅
・その分野の一流の講師陣による約30分で完結する動画講座
・初級編は新入社員や新入社員候補者、EVが初めての人向けの内容
・中級編はマネジメント層に向けた内容

5.メールマガジン
毎週、オススメのビジネス記事をピックアップして紹介するほか、最新のCASE/MaaSトレンドに沿った企業やキーワードの解説も提供。

■ビジネス会員4つのプラン
1.プレミアムプラン(月額税込9,000円)
・ビジネス会員限定記事を無制限に閲覧できます。
・ビジネスセミナーを視聴できます。
・ビジネスセミナーの見逃しアーカイブを視聴できます。
・調査レポートを閲覧できます。
・EVリスキリング講座を視聴できます。
・自動車ビジネス関連の有益な情報をメールマガジンでお届けします。
※複数アカウントご契約いただくとお得な法人契約プランもございます。

2.スタンダードプラン(初月無料、翌月から月額税込980円)
・ビジネス会員限定記事を無制限に閲覧できます。
・自動車ビジネス関連の有益な情報をメールマガジンでお届けします。
※ビジネスセミナー無料招待キャンペーンに応募いただいた際の当選確率が無料会員の25倍です。

3.無料会員
・ビジネス会員限定記事を月10本まで閲覧できます。
・自動車ビジネス関連の有益な情報をメールマガジンでお届けします。

4.学生プレミアム会員(無料)
※学生限定の無料プランです。
・ビジネス会員限定記事を無制限に閲覧できます。
・ビジネスセミナーを視聴できます。
・ビジネスセミナーの見逃しアーカイブを視聴できます。
・調査レポートを閲覧できます。
・自動車ビジネス関連の有益な情報をメールマガジンでお届けします。

詳しくはこちら
https://response.jp/pages/info/members.html

■レスポンスについて
20年以上に渡って“いま”のクルマを商品・ビジネス・社会の3つの視点で立体的に捉え、さらにIT・デザイン・環境の面からも付加価値創造の手助けをすることをモットーとして、日々情報発信を続ける日本最大級の自動車総合情報プラットフォームです。国内のみならず、自動車関連のグローバルな情報を、業界の最前線からいち早く読者にお届けしています。

URL:https://response.jp/

■本リリースに関するお問合せ
メディア事業本部 オートモーティブ事業部 担当:山本
https://www.iid.co.jp/contact/media_contact.html?recipient=response

広報担当
https://www.iid.co.jp/contact/pr_contact.html

株式会社イード
〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階
URL:https://www.iid.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる