円安で中古車輸出が好調、一部車種は新車よりも高価格に!/中古車市場統計レポート(2022年10月版)を公開


中古車情報サイト「車選びドットコム(https://www.kurumaerabi.com/)」を運営する株式会社ファブリカコミュニケーションズ(本社所在地:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:谷口 政人)より、2022年10月における自動車登録台数の推移と、中古車情報サイト「車選びドットコム」の販売台数推移から、中古車市場の動きをまとめたレポートをご案内いたします。



【中古車市場統計レポート(2022年10月)】より抜粋してご案内いたします。本調査詳細はこちら: https://www.kurumaerabi.co.jp/useful-details/2466/



自動車販売市場の動向(2022年10月)


2022年10月の新車登録台数は前月比90.9%、中古車登録台数は前月比100.4%という結果になりました。今年は9月に登録台数のピークを迎えましたが、10月は減少傾向と例年通りの推移に戻っているようです。

前年比を見てみると、新車登録台数は128.6%、中古車登録台数は94.9%という結果でした。新車は登録台数が9月から引き続き増加傾向となり、中古車は減少傾向となっています。新型感染症の流行に伴う部品調達難が徐々に緩和されつつあることから、新車の登録台数については引き続き増加傾向が続くことが予想されます。

現在、高年式の中古車が価格を下げている一方、2022年に製造された中古車の輸出が頻繁に行われており、中でも新車の納期が数ヶ月待ちとなるような人気車種については新車以上の高値がついているものもあります。ただし、これら車種は輸出目的の業者が競争して仕入れるので、国内でも入手困難になっているケースが多いです。

海外輸出で高値がついている中古車の代表的な例は、「アルファード GGH30W エグゼクティブラウンジ S」「ヴェゼル RV3 G」「プレミオ NZT260 1.5F_EX パッケージ」などが挙げられます。

新車登録台数




中古車登録台数



※「車選びドットコム」では、普通自動車の登録台数を発表している「自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)」と、軽自動車の登録台数を発表している「全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)」の統計データをもとに、新車登録台数と中古車登録台数の推移を紹介しています。



中古車情報サイト「車選びドットコム」の動向(2022年10月)


2022年10月における中古車情報サイト(車選びドットコム)での中古車販売台数は前月からさらに増加しました。8月に下落した販売台数ですが、9月、10月と順調に台数を伸ばしてきています。



※過去25ヶ月の自動車販売市場と中古車情報サイト「車選びドットコム」の市場動向を比較しています。
※「車選びドットコム」の市場動向は、加盟店専用レポートからの抜粋のため、詳細数値は非公開としています。

◆国産車の中古車販売傾向【人気ランキング】
「車選びドットコム」の市場動向から調査した、国産車の2022年10月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング
国産車のボディタイプ別ランキングは今月も順位の変動がありませんでした。
一際目を引くのは、軽バン/軽ワゴンが1.3ポイント増加して10%台に乗ったこと。
軽自動車は数字を落としていますが、依然として圧倒的な人気です。





車種別販売ランキング
国産車の車種別ランキングでは、スズキのエブリイが1位となりました。その他は上位同士で順位を入れ替えたような形で、前回1位だった日産セレナが今回は5位という結果に。
また、今月も先月に続きスズキ、ダイハツの軽自動車が人気であったと言えます。





◆輸入車の中古車販売傾向【人気ランキング】につきましては、こちらからご確認いただけます。
https://www.kurumaerabi.co.jp/useful-details/2466/



中古車販売店様の経営活動を応援します


「車選びドットコム」では、「symphony」をご利用いただいている加盟店に向けて、月に一度上記のレポートよりも詳細な小売データレポートを発行しています。各ボディタイプで人気の車種をご紹介している他、年式・走行距離・価格帯・カラー別での販売割合もご確認いただけます。

目まぐるしく変わる社会情勢に対して、常に変化が求められる昨今。データを分析して高速でPDCAを回して行く必要があります。「車選びドットコム」では15年以上の中古車情報サイトの運営実績で蓄積したノウハウを、中古車販売店の皆さまにご提供していますので、気になる方はぜひお問合せ下さい。

【株式会社ファブリカコミュニケーションズ(https://www.fabrica-com.co.jp/)会社概要 】


代表者:代表取締役社長 谷口政人
本社所在地:愛知県名古屋市中区錦3-5-30 三晃錦ビル8F
設立:1994年11月
事業内容:業務支援システム開発・販売事業、SMS配信ソリューション事業、インターネットメディア事業、WEBマーケティング事業、自動車整備・レンタカー事業



<本件のリリースに関するお問い合わせ先>
株式会社ファブリカコミュニケーションズ 広報室
TEL:052-959-3460
FAX:052-959-3463
E-mail: press@fabrica-com.co.jp


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる