悪路が見やすい配光のバイカラー&明るさを追求したイエロー光 2種類のLEDフォグバルブ発売|GIGA


雪など冬の悪天候に。配光と光束維持率にこだわった純正ハロゲン交換用バルブ



株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区)は、自動車用ライトブランド『GIGA(ギガ)』より、発光を2色に切り替えられるLEDフォグバルブと、『S7シリーズ※』の放熱構造を活用した黄色光LEDフォグバルブを11月25日(金)に発売いたしました。明るさにこだわった2種類のハロゲンバルブ交換用LEDフォグバルブで、冬の悪天候等のドライブをサポートします。各製品の詳細は以下をご覧ください。
※S7シリーズ: https://www.carmate.co.jp/news/press/giga-2.html


開発背景

近年、ハロゲンフォグランプの新車への採用は減りつつありますが、平均車齢の伸びや新車供給不足による中古車人気などにより、純正ハロゲンバルブのLED交換ニーズは顕在しています。当社ではこの度補修やドレスアップ等の需要に対応。流行のバイカラーモデルでは、配光にこだわったLEDフォグバルブを開発。初心者でも交換作業が簡単なユニット一体型のコンパクト設計にしました。また、明るさ・光束維持率にこだわった黄色光LEDフォグバルブもラインナップ。5000lmの明るい光が長時間持続します。


各製品の特長

【GIGA LEDフォグバルブ F3500D】
白色光/黄色光を簡単切り替え。
配光と見やすさにこだわったバイカラーモデル。

●悪天候時に見づらい手前側を黄色光で照らす、独自のLEDレイアウト

白色光:遠方を照らし、ヘッドライトの明るさをサポート
黄色光:手前側をワイドに明るく照らし、悪天候時の見やすさを向上


●初心者でも簡単。ハロゲンバルブと入れ替えるだけのコンパクト設計
点灯制御ユニットを内蔵した一体型。純正ハロゲンバルブ同等のコンパクトサイズにすることで、バルブを入れ替えるだけの簡単取り付けを可能にし、幅広い車種への適合に対応しました(下図左)。また、純正フォグランプスイッチのON/OFF操作で発光色を簡単に切り替えできます。
●徹底した耐水・耐塵構造&3年間保証
ユニットを含むバルブ内部は、泥や水などの異物が入りにくい密閉構造を施し、故障のリスクを低減しました。また、熱伝導率の高い材料(切削したアルミ押出材)をメインボディに採用することで、先端のLEDで発生した熱を一気に後方へ伝導させることを可能に。伝導された熱は、空気に触れる面積が多くなるよう設計したフィンにより効率良く放熱。これによりファン不要のコンパクト設計と3年間保証を実現しました。




【GIGA LEDフォグバルブ F5000S】
『S7シリーズ』のノウハウを活用。
最高クラスの明るさを実現し、実用性に優れた黄色光モデル。


●GIGA黄色光フォグバルブで最高の明るさ
厳選したLEDチップにより、当社黄色光フォグバルブ最高の明るさ5000lmを実現。従来品(F2800シリーズ)比約2倍の明るさとなります。照射範囲が広がり、悪天候時の運転しやすさを向上しました。


※当社測定値

●優れた放熱性能で明るさを長時間キープ
2020年6月の発売以降好調の、コンパクトサイズかつハイパワーなLEDバルブ『S7シリーズ( https://www.carmate.co.jp/news/press/giga-2.html)』。本製品では、明るさに定評のあるS7シリーズと同様の銅基板×ヒートパイプの構造を採用しました。また、小型冷却ファンを搭載し、ヒートシンクに溜まった熱を素早く冷却することで高い光束維持率(下図:40分後の光束維持率約94%)を実現します。


HB4のバルブタイプにも対応
オプションの『GIGA LEDフォグバルブ F5000S用 HB4フランジ/変換ハーネスセット(BWP501)』を使用することで、HB4バルブとしても使用可能です。





製品スペック・ラインナップ


■価格:オープン
■発売日:2022年(令和4年)11月25日
■車検対応
■3年間保証
■ハイブリッド車、アイドリングストップ車対応


>詳細は以下、品名下のリンクよりご覧ください。




※BWP501はBW5151のオプションパーツです。




関連情報

・『GIGA』Webサイト: https://www.carmate.jp/giga/
・S7シリーズ プレスリリース: https://www.carmate.co.jp/news/press/giga-2.html


読者様お問合せ先

カーメイト
TEL:03-5926-1212
URL: https://www.carmate.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる