ジェイテクト、株式会社DTSと協業 スマートファクトリーJapan 2022に「稼働アップNavi(R)Pro」を出展


生産現場の設備・人・情報をつなぐJTEKT IoE Solutionラインナップの一つである稼働アップNavi(R)Proで製造現場の課題解決に貢献

株式会社ジェイテクトは10月19日~21日に東京ビッグサイトで開催される「スマートファクトリーJapan 2022」 にて、株式会社DTSのブースで「稼働アップNavi(R)Pro」を出展いたします。


株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市、社長:佐藤和弘、以下「ジェイテクト」)は10月19日(水)~10月21日(金)に東京ビッグサイトで開催される「スマートファクトリーJapan 2022」(主催:日刊工業新聞社) にて、株式会社DTS(本社:東京都中央区、社長:北村友朗、以下「DTS」)のブースで「稼働アップNavi(R)Pro」を出展いたします。

【出展概要】
ジェイテクトは、IoEソリューション強化と製造現場の課題解決を目的にDTSと協業し、工場全体を「見える化」するソリューション「稼働アップNavi(R)Pro」を、DTSが取り扱う製造業向けデータ活用ソリューションに組み合わせることで、DXを通じた製造現場の課題解決に貢献しています。
スマートファクトリーJapan 2022では、DTSが新たなデータ活用ソリューション「DTS DataManagement Solution」を出展。ビジネス課題の説明・検証にとどまらず、データ活用を高度化することでビジネス課題の解決や新たなビジネス機会の創出を可能とするソリューションを紹介します。ジェイテクトは本ソリューションの構成要素として「稼働アップNavi(R)Pro」を出展。工場の設備・人の実績情報をIoTで収集・可視化することをサポートします。「DTS DataManagement Solution」を構成する他の要素には、DTSの新製品であるAI/デジタルツイン型第3世代BIソリューション「Geminiot(ジェミニオ)」と製造業データ活用ソリューション「Pasteriot.mi(パステリオ エムアイ)」、クラウド型データプラットフォーム「Snowflake」、サプライチェーンマネジメントパッケージ「mcframe」があります。


【稼働アップNavi(R)Proについて】
生産現場の設備・人・情報をつなぐJTEKT IoE Solutionラインナップの一つで、センサーや、機器および設備などの制御に使われるコントローラであるPLC(Programmable Logic Controller)などから収集したあらゆる設備の情報を可視化し改善に必要な情報に解析し自工程完結をサポートする、トヨタ生産方式に裏付けられたノウハウの詰まったソリューションです。
設備の稼働状況をどこからでもリアルタイムにモニタできる「アンドン」や「グラフ表示」、生産性を阻害している要因を映像記録を活用し様々な切り口で解析する「ガントチャート」、設備異常等の情報をリアルタイムに作業者に通知しムダのない作業指示や迅速な対応につなげる「e-作業ガイド」、製品と品質データを紐づけし検索できる「トレサビモニター」。これらの機能で製造・保全・品質の情報をデジタルデータで管理し、工場をマネージメントするシステムです。


【株式会社DTSについて】
DTSは金融や通信をはじめ、幅広い業種・業態のお客様にコンサルティングから設計、開発、基盤構築、運用までITシステムに関わるさまざまなサービスを提供しています。
本社所在地:〒104-0032 東京都中央区八丁堀 2-23-1 エンパイヤビル
https://www.dts.co.jp/

【DTSブース小間位置】
東京ビッグサイト 西展示棟4F F-45


※DTS DataManagement Solution、Geminiot、Pasteriot.miのロゴ、および本書に記載されているその他すべてのDTS DataManagement Solution、Geminiot、Pasteriot.miの製品、機能、サービス名は、株式会社DTSの登録商標または商標です。
※稼働アップNavi(R)Proのロゴ、および本書に記載されているその他すべての稼働アップNaviの製品、機能、サービス名は、株式会社ジェイテクトの登録商標または商標です。
※mcframeのロゴ、および本書に記載されているその他すべてのmcframeの製品、機能、サービス名は、ビジネスエンジニアリング株式会社の登録商標または商標です。
※Snowflakeのロゴ、および本書に記載されているその他すべてのSnowflakeの製品、機能、サービス名は、米国およびその他の国におけるSnowflake Inc.の登録商標または商標です。

【ご参考】
JTEKT IoE Solutionサイト
https://jtekt-ioe.jp/

株式会社DTS 10/3付リリース「【DTS】デジタルツインで製造現場を即時把握、改善サイクルを加速へ」
https://www.dts.co.jp/news/2022/press-20221003.php

mcframeについて
https://dts-dms.com/alliance/#mcframe

データ活用のためのクラウドプラットフォームSnowflakeの紹介ページ
https://dts-dms.com/alliance/#snowflake


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる