オンセミ、オンボードチャージャ用車載向けシリコンカーバイドベースのパワーモジュール新製品3モデルを発表


AMP32シリーズモジュールは、あらゆるタイプの電気自動車で充電の高速化と航続距離の延長を実現




インテリジェントなパワーおよびセンシング技術のリーディング・サプライヤである オンセミ(onsemi、本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は、あらゆるタイプの電気自動車(EV)内で、車載充電と高電圧(HV)DCDC変換使用を目的とした、トランスファモールド技術によるシリコンカーバイド(SiC)ベースのパワーモジュールの新製品3モデルを発表しました。APM32シリーズは、EVの効率向上と充電時間短縮のために、SiC技術をトランスファモールドパッケージに適応した初めての製品で、特に11~22kWの高出力オンボードチャージャ(on board charger、OBC)用に設計されています。

3つのモジュールはそれぞれ、低い伝導損失とスイッチング損失を特長とし、クラス最高の熱抵抗と800Vのバス電圧に対応できる高電圧絶縁を備えています。効率向上と発熱低減によって、強力なOBCを実現できます。消費者にとって重要な要素である、EVの充電速度の短縮と航続距離の延長の2つが可能になります。

オンセミで、バイスプレジデント兼オートモーティブ・パワー・ソリューションズ・グループのジェネラル・マネージャーを務めるファビオ・ネッコ(Fabio Necco)は、次のように述べています。「当社の新しいモジュールは、最新のSiC技術を採用して低損失とシステムの小型化を図っているので、設計者は充電効率の向上と省スペースの目標を達成できます。事前に構成されたモジュール方式を採用することによって、迅速に設計を構築でき、市場投入までの時間が大幅に短縮され、設計リスクも軽減されます」

APM32モジュールは、オンセミのエンドツーエンドのSiCサプライチェーン対応と実績のあるSiC MOSFETおよびダイオードを使用して、高レベルの信頼性を達成しており、各モジュールにはシリアルナンバーが付与され完全なトレーサビリティを実現しています。このモジュールは、最大175℃の接合部温度(Tj)での動作が可能で、スペースが制約された厳しい車載アプリケーションでも信頼性が確保されます。

オンセミで、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼パワー・ソリューションズ・グループのジェネラル・マネージャーを務めるサイモン・キートン(Simon Keeton)は、次のように述べています。「APM32は、オンセミのクラス最高のパッケージングを活用して、最先端シリコンカーバイド技術の能力を最大限に引き出すことで、お客様に差別化されたソリューションを提供します。また、当社はエンドツーエンドのSiCサプライチェーンに対応しており、お客様が重視される供給保証を提供します」

APM32シリーズの2つのモジュール、NVXK2TR40WXTとNVXK2TR80WDTは、ブレークダウン電圧(V(BR)DSS)が1200VのHブリッジトポロジーで構成され、高電圧バッテリースタックへの適性を保証しています。これらはOBCおよびHV DCDC変換ステージで使用するように設計されています。3つ目のモジュールNVXK2KR80WDTは、ウィーン整流器トポロジーで構成され、OBCの力率改善(PFC)ステージで使用されます。SiC OBCのポートフォリオを完成させるために、近い将来に6パックモジュールとフルブリッジモジュールの発売が予定されています。

3つのモジュールはすべてコンパクトで堅牢なデュアルインラインパッケージ(DIP)に収められ、低モジュール抵抗を実現しています。トップクールおよび絶縁は、最も厳しい自動車業界の規格に適合します。また、沿面距離と空間距離はIEC 60664-1およびIEC 60950-1に適合しています。さらに、これらのモジュールは車載用規格AEC-Q101およびAQG 324にも準拠しています。

NVXK2TR40WXT ( https://www.onsemi.com/products/discrete-power-modules/power-modules/silicon-carbide-sic-modules/nvxk2tr40wxt )
NVXK2TR80WDT ( https://www.onsemi.com/products/discrete-power-modules/power-modules/silicon-carbide-sic-modules/nvxk2tr80wdt )
NVXK2KR80WDT ( https://www.onsemi.com/products/discrete-power-modules/power-modules/silicon-carbide-sic-modules/nvxk2tr80wdt )


オンセミ(onsemi)について
オンセミ(Nasdaq: ON)は、より良い未来を築くために、破壊的なイノベーションを推進しています。ンセミは、自動車と産業用エンドマーケットに注力し、自動車の電動化と安全性、持続可能なエネル ギーグリッド、産業オートメーション、5Gおよびクラウドインフラなどのメガトレンドにおける変化を加速させています。オンセミは、高度に差別化された革新的な製品ポートフォリオにより、世界の最も複雑な課題を解決するインテリジェントなパワーおよびセンシングのテクノロジを創出し、より安全でクリーンでスマートな世界を実現する方法をリードしています。オンセミはフォーチュン500(R)企業であり、S&P 500(R)指数に含まれています。オンセミの詳細については、 www.onsemi.jp をご覧ください。

オンセミおよびオンセミのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLC.の登録商標です。 本ドキュメントに掲載されているその他のブランド名および製品名は、それぞれの所有者の登録商標または商標です。


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... AUBERGE YUSURA

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる