ダイハツ、ガイキンドインドネシア国際オートショー2022に「ロッキー」ハイブリッドモデルやコンセプトカー「AYLA BEV」などを出展





ダイハツ工業株式会社(以下 ダイハツ)のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)は、8月11日(木)~21日(日)にジャカルタで開催される「ガイキンドインドネシア国際オートショー2022(以下 GIIAS2022)」に、日本で販売しているコンパクトSUV「ロッキー」のハイブリッドモデルやコンセプトカー「AYLA(アイラ)BEV」など、全9台の車両や技術展示物を出展します。

2021年11月に日本で発売した「ロッキー」のハイブリッドモデルは、ダイハツ独自の小さなクルマに最適なシリーズ式ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を搭載しており、海外のモーターショーに出展するのはこれが初めてとなります。また「AYLA BEV」は、ADMが自社のR&Dセンターにて製作した、コンパクトハッチバック車「AYLA」ベースのバッテリー電気自動車のコンセプトカーです。
ダイハツは、GIIAS2022にこれら電動車を出展することで、プラクティカルな電動車によるサステナブルな普及を推進する考え方を来場者にお伝えするとともに、7人乗りMPV※1「SIGRA(シグラ)」や「AYLA」といったLCGC政策※2適合車である低燃費、省資源なコンパクトカーを含め、インドネシアにおけるカーボンニュートラルの実現に貢献していく企業姿勢を発信します。

ダイハツブースではその他に、2021年11月にフルモデルチェンジした7人乗りMPVの新型「XENIA(セニア)」や5人乗りコンパクトSUV「Rocky(ロッキー)」といったDNGA商品や、7人乗りSUV「TERIOS(テリオス)」などのドレスアップモデル、今年6月にマイナーチェンジした5人乗りコンパクトカー「SIRION(シリオン)」など、合計9台の車両と、「e-SMART HYBRID」のユニットやD-CVTなどの技術展示物を出展します。

ダイハツは今後もインドネシアをはじめ、アセアンを中心とした各地域での自動車の普及および産業発展、人材育成に貢献し、お客様の生活に寄り添った企業を目指します。

※1:Multi-Purpose Vehicle
※2:Low Cost Green Car。インドネシアのエコカー政策


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 延楽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる