電気自動車を活用して電力需給ひっ迫警報・注意報発令時に節電協力


e-モビリティで脱炭素社会を目指すEnergy Tech企業の株式会社REXEV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 健)は、経済産業省による電力需給ひっ迫警報または注意報が発令された場合、東京電力管内にある最大9台の電気自動車(以下、「EV」)に蓄えられた電力を一斉に放電することにより電力需給ひっ迫に対応します。
猛暑による影響等によって、「電力需給ひっ迫注意報」が経済産業省から発令され、家庭や企業に対して節電の協力が求められています。本取り組みは、需給ひっ迫時にEVに搭載された蓄電池から電力を取り出し、EV設置の需要場所の電力を賄うことで、系統からの電力量を抑制し、安定供給に貢献するものです。EVを活用することで、企業活動や生活へ影響のない方法で節電を実施することが可能です。
なお、7月1日以降については、電源I’厳気象対応調整力*1に基づき、需給ひっ迫時にアグリゲーターからの指令を受けEVを活用した調整力の提供を継続して実施します。


■実施概要
実施条件:経済産業省による電力需給ひっ迫注意報または警報が発令された場合
対象期間:2022年6月29日、30日
対象時間:電力需給ひっ迫注意報または警報で示される特に節電協力が必要な時間内
対象車両:専用の充放電設備が敷設されているステーションのEV(最大9台)
小田原、箱根で展開しているEVカーシェアリングeemoの車両
実施方法:対象時間中、EVの電力を取り出し需要場所に電力を供給し、節電と同等の効果を得ることで協力します。


*1 電源I’厳気象対応調整力
主に10年に1回程度の厳気象(猛暑および厳寒)等による需給ひっ迫時に、需給バランスを保つための調整力を、一般送配電事業者が公募により確保するものです。
(2022年4月14日プレスリリース参照: https://rexev.co.jp/2022/04/14/3549/

■会社概要




《本件に関するお問い合わせ先》
株式会社REXEV 広報担当:貝瀬
Tel:03-3525-8008  E-mail:info@rexev.co.jp


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる