フォルクスワーゲン 新型「Polo」 発表


人気コンパクトハッチバックがマイナーチェンジによってさらに進化

フォルクスワーゲン ジャパン (東京都品川区: ブランドディレクター アンドレア カルカーニ)は、マイナーチェンジしてさらに進化を遂げたコンパクトハッチバック新型「Polo(ポロ)」を本日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売します。グレード展開は4グレード。全国希望小売価格は、2,572,000円~3,299,000円です。



・ エクステリアデザインの刷新
・ 最新世代の1.0TSIエンジンを採用
・ 上級モデルに採用されている先進安全技術の採用


「Polo」は、1975年の欧州デビュー以来、これまでに全世界で1,800万台(2,050万台:派生モデル含む)、日本では1996年の本格導入以降、累計約30万台をお客様にお届けするなど、世界で最も成功したコンパクトカーの1つです。日本市場では、そのサイズと使い勝手の良さ、お洒落でカジュアルな輸入車というイメージが人気を博し、高く支持されています。

新型「Polo」は、エクステリアデザインの刷新により、先代より10~25mm伸び、全長4,085mmを実現。新たなデザインのフロントバンパーとリヤバンパーにより、力強くスポーティな印象になりました。
(全幅1,750mm、全高1,450mmおよびホイールベース2,550mmは先代同様)

新型「Polo」は、どの角度から見ても表情豊かなデザインで、自信に満ちたコンパクトカーに仕上がっています。サイドから見ると、特徴的な長くエレガントなルーフラインがリヤのルーフスポイラーに流れ込んでいます。フロントは、ラジエーターグリルとLEDヘッドライトの組み合わせが新型「Polo」の顔を構成しており、先進的な印象を与えます。LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”の採用により、LEDヘッドライトとデイタイムランニングライトそれぞれのLEDストリップがヘッドライトの下縁に沿って縁取られることでユニークなシグネチャーを形成しています。また、この2本のLEDストリップのうち上部の長いストリップは、今回新型「Polo」に初採用となったラジエーターグリルのLEDクロスバーと光学的に接続され、洗練された雰囲気を醸し出しています。リヤは、立体的な新デザインのLEDテールランプを採用し、リヤをより個性的に見せ、新型「Polo」全体の質感を高めています。

新型「Polo」に採用されているエンジンは最新世代の1.0TSIエンジン。先代と同じ排気量ながら、ミラーサイクル燃焼プロセスの採用やバリアブルターボジオメトリー機構の搭載に加え、ガソリンエンジンPMフィルターの採用により、厳しい環境規制にも準拠した高効率な最新世代のエンジンへと進化を遂げています。市街地から高速道路まで十分な動力性能を発揮するとともに、高い静粛性も実現しています。

新型「Polo」には上級モデルに採用されている先進安全装備や快適装備を数多く採用しています。同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”は、ドライバーがあらかじめ設定した車速内において前走車との車間及び走行レーンの維持をサポートします。高速道路などの長距離移動において安全性の向上と疲労の軽減に寄与します。また、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”は、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載されたLEDを個別に制御することで、最適な配光を可能としたシステムです。これにより、安全性を向上させるだけでなく、ダイナミックターンインジケーターと合わさって、右左折時の被視認性向上にも寄与しています。すでに上記の先進安全装備は上級モデルのセダン「Passat(パサート)」やファストバック「Arteon(アルテオン)」、SUV「Tiguan(ティグアン)」などにも採用されている先進安全技術で「Polo」では初めての採用となります。また、快適装備は、9.2インチの大型モニターを搭載したVolkswagen純正インフォテイメントシステム”Discover Pro“を採用した他、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用しており、先進的なインテリア空間もお楽しみいただけます。さらに欧州の自動車安全アセスメント「ユーロNCAP」で最高評価となる5つ星を獲得した新型「Polo」は、これまでのコンパクトハッチバックのクラスを超えた高いクオリティを持ち併せています。

グレード展開は4グレード展開。従来のTrendlineに代わりLEDヘッドライトなどを標準装備する『Active Basic』、Comfortlineに代わりデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などを標準装備する『Active』、Highlineに代わり同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”を標準装備する『Style』を設定。また、スポーティな専用内外装を身に纏った『R-Line』も設定いたします。

ボディカラーは新色のヴァイブラントヴァイオレットメタリックの他に、キングズレッドメタリック(有償オプションカラー)、アスコットグレー、リーフブルーメタリックなど合計7色の多彩なカラーラインアップです。

全国希望小売価格やグレード構成は以下をご参照ください。

<全国希望小売価格(税込)>
新型「Polo」:4グレード展開
- TSI Active Basic 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG ¥2,572,000
- TSI Active 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG ¥2,821,900
- TSI Style 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG ¥3,245,000
- TSI R-Line 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG ¥3,299,000


新型「Polo」についての主要装備表や諸元表は下記をご参照ください。

新型「Polo」諸元表




新型「Polo」主要装備表





<オプション価格(税込)>
・ Discover Proパッケージ(TSI Active / TSI Style / TSI R-Line) ・・・¥ 154,000

‐Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”
(SSDナビゲーションシステム、通信モジュール内蔵、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、コネクティビティ機能“App-Connect”)

・ テクノロジーパッケージ(TSI Active) ・・・¥ 176,000
‐アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
‐同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”
‐駐車支援システム“Park Assist”
‐パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ) / オプティカルパーキングシステム
‐スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”

・ Side Assist Plusレスオプション*(TSI Style / TSI R-Line) ・・・¥ -28,600
‐レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”
‐リヤトラフィックアラート(後退時警告、衝突軽減ブレーキ機能)

・ 有償オプションカラー(キングズレッドメタリック) ・・・¥ 33,000


●お客様お問い合わせ先 フォルクスワーゲン カスタマーセンター tel. 0120-993-199


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる