シビック タイプRを超えた!|ニュル最速はルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R

画像ギャラリーはこちら

タイムはタイプRよりも3秒以上速い7分40秒1

ルノー メガーヌ R.S トロフィRが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コース(ノルドシュライフェ)において、前輪駆動の市販車で最速となるラップタイム、『7分40秒1』を記録。再びFF最速の座をホンダ シビック タイプRから取り戻した。

メガーヌ R.S.トロフィRは、ベースとなったメガーヌR.S.トロフィと同じエンジン(出力300HP)のまま、130kgもの軽量化を行った。さらに空力面も強化されている。このメガーヌR.S.トロフィRは、2019年末から台数限定で発売が予定されている。

メガーヌR.S.によるノルドシュライフェへの挑戦の歴史は10年以上前から。2008にメガーヌR.S. R26 Rで8分17秒をマーク。その3年後、2世代目となるメガーヌR.S. トロフィで8分7秒97、さらに2014年には、初の8分切りとなる7分54秒36を、3世代目のメガーヌ R.S. トロフィRで獲得している。

メガーヌ R.S. トロフィRの激走を写真でチェック

今回のタイムアタックには、エキゾーストメーカーのアクラポビッチや、ブレーキメーカーのブレンボ、さらにタイヤのブリヂストン、ショックアブソーバーのオーリンズ、バケットシートのサベルトが協力。ステアリングを握ったのは、ルノースポールの開発ドライバー、ロラン・ウルゴン氏だ。

ルノー、ホンダ、そしてVW。FFスポーツモデルをもつメーカーが、それぞれしのぎを削るニュルブルクリンクのタイムアタック。今年はゴルフのフルモデルチェンジも予定されている。新型発売の勢いをつけるためにも、ゴルフによるタイムアタックがあるかもしれない。FFホットハッチの争いは、ますますヒートアップしそうだ。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ルノー メガーヌの最新自動車ニュース/記事

ルノーのカタログ情報 ルノー メガーヌのカタログ情報 ルノーの中古車検索 ルノー メガーヌの中古車検索 ルノーの記事一覧 ルノー メガーヌの記事一覧 ルノーのニュース一覧 ルノー メガーヌのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる