MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース シビック タイプRを超えた!|ニュル最速はルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R

自動車ニュース 2019/5/22 12:08

シビック タイプRを超えた!|ニュル最速はルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R

ルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R
ルノー メガーヌ R.S. TROPHY-Rルノー メガーヌ R.S. TROPHY-Rルノー メガーヌ R.S. TROPHY-Rルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R画像ギャラリーはこちら

タイムはタイプRよりも3秒以上速い7分40秒1

ルノー メガーヌ R.S トロフィRが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コース(ノルドシュライフェ)において、前輪駆動の市販車で最速となるラップタイム、『7分40秒1』を記録。再びFF最速の座をホンダ シビック タイプRから取り戻した。

メガーヌ R.S.トロフィRは、ベースとなったメガーヌR.S.トロフィと同じエンジン(出力300HP)のまま、130kgもの軽量化を行った。さらに空力面も強化されている。このメガーヌR.S.トロフィRは、2019年末から台数限定で発売が予定されている。

ルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R

メガーヌR.S.によるノルドシュライフェへの挑戦の歴史は10年以上前から。2008にメガーヌR.S. R26 Rで8分17秒をマーク。その3年後、2世代目となるメガーヌR.S. トロフィで8分7秒97、さらに2014年には、初の8分切りとなる7分54秒36を、3世代目のメガーヌ R.S. トロフィRで獲得している。

メガーヌ R.S. トロフィRの激走を写真でチェック

今回のタイムアタックには、エキゾーストメーカーのアクラポビッチや、ブレーキメーカーのブレンボ、さらにタイヤのブリヂストン、ショックアブソーバーのオーリンズ、バケットシートのサベルトが協力。ステアリングを握ったのは、ルノースポールの開発ドライバー、ロラン・ウルゴン氏だ。

ルノー、ホンダ、そしてVW。FFスポーツモデルをもつメーカーが、それぞれしのぎを削るニュルブルクリンクのタイムアタック。今年はゴルフのフルモデルチェンジも予定されている。新型発売の勢いをつけるためにも、ゴルフによるタイムアタックがあるかもしれない。FFホットハッチの争いは、ますますヒートアップしそうだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ルノー メガーヌ の関連編集記事

ルノー メガーヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー メガーヌ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR