日産 リーフがグローバルの累計販売台数40万台を達成

リーフ EV史上初の40万台を達成

日産は2019年3月5日、リーフが電気自動車として史上初となる販売台数40万台を達成したと発表した。

リーフは世界初の量産電気自動車として2010年に発売された。現在ではゼロエミッション車であることに加え、高い動力性能や「プロパイロット」などの先進技術を導入していることで支持を集めている。

日産副社長ダニエレ・スキラッチ氏のコメント

この大きなマイルストーンが示すことは、40万人を超えて増え続けるお客さまが、リーフが提供するワクワクするドライビングや様々な魅力に価値を見出しているということです。リーフは今後もニッサンインテリジェントモビリティの象徴であり続けます。

欧州でのEV販売台数1位を獲得

また、リーフは2018年に欧州でEVの販売台数で1位となり、ノルウェーにおいてはEV以外の車種も含めた年間販売台数の第1位を獲得した。

現在は50以上の市場で販売されているが、2019年前半にはさらにラテンアメリカの6つの市場で、また年末までにアジア・オセアニアの7つの市場でも発売される予定となっている。

2019年 新型「リーフ e+」発売

2019年に発表された「リーフ e+」は新型パワートレインを搭載し、出力と航続距離を約40%向上させた。リーフe+は日本では1月下旬に販売が開始され、2019年春には米国、そして欧州でも発売される予定である。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる