autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マクラーレン最速のオープンモデル 「720S スパイダー」を日本でお披露目

自動車ニュース 2019/2/5 21:43

マクラーレン最速のオープンモデル 「720S スパイダー」を日本でお披露目

マクラーレン
マクラーレンマクラーレンマクラーレンマクラーレン画像ギャラリーはこちら

爽快なオープンエアーと過激な走りを両立する

2018年のジュネーブモーターショーで発表されたマクラーレン 720S スパイダーが、ついに日本上陸を果たした。

マクラーレンのスーパーシリーズ第2世代となる720S スパイダーは、カーボンファイバー製シャシーなどの採用によって、乾燥重量はクラス最軽量となる1,283kgを実現。720S クーペからの重量増はわずか49kgとなる。

最高出力は720PS、最大トルク770Nmを発揮する4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、パワーウェイトレシオは1.85という驚異的な数値を獲得。

0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は7.8秒、最高速は341km/hを誇る。

≫マクラーレン 720S スパイダーを画像でチェック

同じスーパーシリーズである650Sよりも軽量化されるとともに、高速化された720S スパイダー。通常ミッドシップレイアウト車の両サイドにあるラジエーター インテークを省き、ディヘドラル・ドアに装備された「ダブルスキン」に置き換えることで、4.0リッターに排気量を引き上げたM840Tエンジンを効果的にクーリング。この新開発エンジンは、構成パーツの41%を変更。出力だけでなく燃費性能にも優れており、複合燃費は10.7L/km、新欧州ドライビングサイクル(NEDC)でのCO2排出量はわずか249g/kmに抑えられている。

新機構を搭載したリトラクタブル ハード トップは、スーパーカークラス最速となる11秒で開閉し、50km/hまでであれば操作が可能となっている。またこのルーフには、オプションで素早く半透明から透明の状態へと切り替えられるエレクトロクロミック ガラスも選ぶことができる。

日本市場へは、2019年3月より納車が開始。価格は37,888,000円(税込み)となる。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マクラーレン 720S の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR