autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ミシュラン、“雪も走れる夏タイヤ”『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズの全国発売を開始

自動車ニュース 2019/1/29 21:42

ミシュラン、“雪も走れる夏タイヤ”『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズの全国発売を開始

『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ]
『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ]『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ] トレッドパターン『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ] ショルダー部『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ] <クロスクライメート>画像ギャラリーはこちら

雪上性能と夏の安全性を両立

日本ミシュランタイヤ株式会社は、サマーシーズンで優れた安全性能を発揮し、さらに雪上においても高い走行性能を備えた「MICHELIN CROSSCLIMATE」(ミシュラン クロスクライメート)シリーズ、「CROSSCLIMATE」(クロスクライメート)「CROSSCLIMATE +」(クロスクライメート プラス)「CROSSCLIMATE SUV」(クロスクライメート エスユーブイ)をそれぞれ2019年2月5日より順次発売する。

シリーズを合わせると、14インチから20インチの計78サイズと多彩なラインナップとした。価格はオープン。

「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」を具現化したタイヤ

『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ] トレッドパターン

例年冬場になると、日頃あまりスタッドレスタイヤを装着しない非降雪地域においても、予期せぬ急な積雪による交通混乱などが生じている。冬用タイヤの必要性は多くの自動車ユーザーが認めるところだ。

しかし降雪地域への往復を頻繁にしないユーザーにとっては、年に数回の降雪だけのためにスタッドレスタイヤを装着するのはなかなかハードルが高い。夏タイヤとは別に冬タイヤを新たに1セット用意するコストに加え、シーズン毎のタイヤ交換の面倒さもユーザーの腰を重くする。

ミシュラン クロスクライメートシリーズは、サマータイヤに求められるハンドリング性能やドライ・ウェット時のブレーキング性能を高い水準で満たしながら、急な降雪での雪上走行性能も実現したミシュランがタイヤ開発に求める、すべての性能を追求し調和させた「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」を具現化したタイヤだ。

様々な路面状況においても、年間をとおして消費者が安心してモビリティライフを体現できることを目的に、単なるオールシーズンタイヤの枠を超え”雪も走れる夏タイヤ”として開発された。

ミシュラン クロスクライメートシリーズ 主な特長

サマーシーズンでの優れた安全性能

ドライ・ウェット路面でも高いブレーキング性能を発揮。

夏タイヤと同等の静粛性

車内パターンノイズ性能比較で、ミシュランのベーシックな夏タイヤ(エコタイヤ)「ENERGY SAVER+」同等のテスト結果を達成。

雪上での高い走行性能

国際基準で定められたシビアスノータイヤ要件に適合。欧州で冬季用タイヤとして走行性能基準が認められたタイヤに打刻される「スリーピークマウンテンスノーフレークマーク」と「M+S」が刻印され、冬用タイヤ規制時でもチェーン装着が不要。

ロングライフ性能向上

夏タイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER+」を上回るロングライフ設計とし経済性も考慮した。

ミシュラン クロスクライメートシリーズ 主な採用技術

『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ] トレッドパターン

1.幅広い温度域に対応するコンパウンドがさまざまな路面への設置効果を発揮

2.雪踏み効果を最大限に引き出すユニークなトレッドパターン

3.面取り加工のトレッドブロックがドライブレーキング性能を発揮

4.高性能サイプ

 ・夏路面と冬路面効果的なグリップを実現するため三次元の形に設計

 ・溝底まである細い溝が雪上路面でのグリップに貢献

 ・ショルダー部の溝が摩耗につれて拡大することで雪上のトラクションを確保

【路面適合表】※表データ提供:日本ミシュランタイヤ株式会社

『MICHELIN CROSSCLIMATE』シリーズ[日本ミシュランタイヤ]/【路面適合表】※表データ提供:日本ミシュランタイヤ株式会社

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR