autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、308GTのクリーンディーゼルモデルに新型8速AT搭載

自動車ニュース 2018/7/23 12:00

プジョー、308GTのクリーンディーゼルモデルに新型8速AT搭載

プジョー 308 GT BlueHDi(8速オートマチック)

プジョー・シトロエン・ジャポンは、308 GT BlueHDi に8速オートマチックを設定し、2018年7月18日(水)より発売した。

308 GT BlueHDiは、最新のテクノロジーによるクリーンディーゼルエンジンを搭載し、低燃費でトルクフルな走りが好評だ。

これまで、308 GT BlueHDiには従来型6速オートマチックトランスミッションが搭載されていたが、これに代わり、最新8速オートマチックトランスミッションEAT8を搭載した。また、8速化と同時に、市場ニーズの高いアクティブクルーズコントロール(ACC)を標準装備としている。

これにより、スポーティなGTのドライバビリティを保ちながら、静粛性、実燃費の向上、洗練された操作性(シフトバイワイヤ化)と更なる安全装備を身に付けた。

価格(消費税込)は、308 GT BlueHDiが359万円、308 SW GT BlueHDiが383万8000円で、8速化とアクティブクルーズコントロールを搭載しながら、プラス2万円アップにとどめ、魅力ある設定とした。

8速オートマチックトランスミッション EAT8

プジョー 308 GT BlueHDi(8速オートマチック)

新開発のEAT8は、1969年以降累計1億基を超える出荷実績を誇り、AT分野のワールドリーダーであるアイシンAWがPSAの設計に基づいて製造したもので、プジョーとしては日本初導入となる。なお、8速オートマチック「EAT8」は、順次新規モデルに投入される予定だ。

新設計によるメリットは、小型軽量化とシフトバイワイヤによる運転機能の進化である。EAT8は単純に6速にギアを2つ追加したものではなく、コンポーネントの多くが新設計となっている。同時にシフトの電子制御化により、ワイドでクロースしたギアレシオ、低燃費、シフトクオリティの向上を実現した。低速域から高速クルーズにわたりエンジンのパフォーマンスを最大に引き出す設定になっている。

このEAT8搭載にともない、308 GT BlueHDiには3つのドライブモードが設定された。新しく搭載されたエコモード機能は、フリーホイール機能によりアクセルオフ時に条件(勾配、カーブ、温度、バッテリー電圧など)が合えば自動的にクラッチを切り、エアコンの最適化とともに燃費改善に貢献する。通常モードはシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化し、スポーツモード(ドライバースポーツパック)ではシフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィール向上を果たしている。

また、8速化による車両重量の増加を防ぐため、あらゆる軽量化が実施された。ギアの小型化、オイルポンプ外径の小径化、トランスミッションケースの小型化により、全長は6速と変わっておらず、容積は逆に小さくなっている。シフトバイワイヤも軽量化に寄与し、車重は6速シフトタイプと同等に留めた。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

プジョー 308 の関連編集記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR