MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、スーパーカブC125を発売…レトロなデザインに最新装備を搭載

自動車ニュース 2018/6/28 12:07

ホンダ、スーパーカブC125を発売…レトロなデザインに最新装備を搭載

関連: ホンダ
ホンダ スーパーカブ C125
ホンダ スーパーカブ C125ホンダ スーパーカブ C125ホンダ スーパーカブ C125ホンダ スーパーカブ C125画像ギャラリーはこちら
ホンダ スーパーカブ C125

ホンダは、原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」を2018年9月14日に発売する。価格(消費税込)は39万9600円となる。

>>歴代モデルのデザインを受け継いだ「スーパーカブ C125」の画像を見る

スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデルのスーパーカブC100を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームやクラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層のユーザーに愛用されてており、2018年8月に発売60周年を迎える。

今回発売されるスーパーカブ C125は、歴代スーパーカブシリーズの特徴的なデザインであるレッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたシルエットに、初代モデルのスーパーカブ C100を彷彿させる“鳥が翼を広げたような形のハンドル”部から、フロントフォークまでを一体としたユニットステアを採用するなど、普遍的で気品のあるスタイリングとした。

カラーリングは初代スーパーカブの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」を採用するとともに、エンブレムには歴史あるホンダ二輪プロダクトブランドであることを象徴する、オールドタイプのウイングマークを取り入れた。

車体は、スーパーカブ110をベースに、構成部品の剛性を高めることで125ccエンジンの動力性能に対応した安心感のある車体挙動を実現。足回りは、前後サスペンションのストローク量を最適化することで、快適性がさらに向上している。

エンジンは、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジンを搭載。高級感のあるエンジン外観にするとともに、各部の最適化を図ることで、より静粛で変速ショックの少ないスムーズな変速フィーリングを実現した。

また、最新装備として省エネルギー性に優れたLED灯火器やより便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」を採用し、利便性と快適性を両立。クロームメッキのパーツを配した上品な印象のメーターなど、よりスマートな使い勝手と上質感を追求した。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR