autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース クルマに装着したい運転支援機能ナンバー1は「自動ブレーキ」…60代以上はさらなる運転支援機能も希望

自動車ニュース 2018/5/10 16:19

クルマに装着したい運転支援機能ナンバー1は「自動ブレーキ」…60代以上はさらなる運転支援機能も希望

トヨタ 新型アルファード レーントレーシングアシスト(車線維持支援機能)

パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した「クルマの安全運転支援機能」に関するアンケート結果を発表した。

調査概要

調査対象:タイムズクラブ会員

(2017年12月4日以降に入会し、直近でタイムズ駐車場・B-Times・タイムズカープラス・タイムズカーレンタルを利用された方)

調査方法:非公開型インターネットアンケート

調査期間:2017年12月4日~2017年12月10日 有効回答者数:8540名

運転支援機能の搭載車に乗ったことがある人は30%

運転支援機能が搭載されたクルマに乗ったことが「ある」人は30%、「ない」人は70%だった。国土交通省の調査では、運転支援機能の一つである自動ブレーキは、2016年に生産された乗用車の66%に搭載という結果があるものの、実際に利用経験のある人はまだ少ないようだ。

年代別でみると、乗ったことが「ある」人は20代以下が37%と最も高く、最も低い30代とは10ポイント以上の差となった。

運転支援機能が搭載されたクルマに乗ったことありますか?

乗車経験のある運転支援機能は、「前方衝突防止機能」(自動ブレーキなど)と「駐車支援モニター」が77%で最多、次いで「車線逸脱防止機能」が62%だった。

平成28年の総生産台数に対する装着率は、他の機能が20%以下であるのに対し、「前方衝突防止機能」である「車間距離警報」が46%、「衝突被害低減ブレーキ」が43%、「駐車支援モニター」である「バックモニター」が39%と高くなっている。

装着率の高さが、乗車経験率の高さに繋がったものと思われる。

乗車経験のある運転支援機能

運転支援機能の作動・利用経験がある人は73%

運転支援機能が作動、または利用したことが「ある」人は73%、「ない」人は27%だった。

作動、または利用した状況は、「高速道路走行時」が42%でトップ、次いで「周辺車両の影響」が36%、「周囲の確認不足」が21%となった。

搭載したい運転支援機能は「前方衝突防止機能」がトップ

将来クルマに搭載したい運転支援機能

将来、搭載したい運転支援機能は「前方衝突防止機能」が66%でトップ、次いで「後方衝突防止機能」が50%、「駐車支援モニター」が46%となった。

年代別でみると、すべての年代において搭載を希望する運転支援機能として「前方衝突防止機能」がトップに。60代以上は、多くの機能の搭載を希望する傾向がある。反射神経などの衰えなどによる運転技術に対する不安から、万が一の備えとして搭載を考えている人が多いと思われる。

運転支援機能の搭載車を「買いたい」という人は47%だった。将来的に搭載したい運転支援機能についてのイメージはあるものの、過半数の人が実際の購入についてはまだ検討段階にないという結果がでた。

>>アンケート結果をもっと見る

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR