autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、7シリーズにディーゼルエンジンと4輪駆動システム搭載モデルを追加

自動車ニュース 2017/8/30 14:16

BMW、7シリーズにディーゼルエンジンと4輪駆動システム搭載モデルを追加

BMW 7シリーズ

ビー・エム・ダブリューは、BMW 7シリーズのラインアップに、新世代クリーン・ディーゼル・エンジンとBMW独自の4輪駆動システムxDriveを搭載した740d xDriveおよび740Ld xDriveを新たに追加し、2017年8月30日より販売を開始する。納車は9月中旬以降を予定している。

価格(消費税込)は、740d xDriveが1396万円~1468万円、740Ld xDriveが1535万円~1611万円となる。

今回追加のディーゼルエンジン搭載のモデルには、3リッター直列6気筒BMWツインパワーターボディーゼルエンジンが搭載されている。コモンレールダイレクトインジェクションシステムと2つの可変ジオメトリーターボチャージャーを組み合わせることにより、最大出力235kW(320ps)/4400rpm、最大トルク680Nm(69.3kgm)/1750-2250rpmを発生。さらに4輪駆動システムのxDriveを採用することで、セグメント唯一のディーゼル&4輪駆動を搭載するモデルとなり、高い走行性能を実現している。

また、7シリーズのラインアップも一新した。従来はオプション限定とされていたプラスパッケージを標準装備したExecutive(エクゼクティブ)、それに加えデザインピュアエクセレンスパッケージを標準装備したラグジュアリー志向のExcellence(エクセレンス)、必要な装備を厳選して採用したエントリーモデルの3つが新たに追加された。

これにより、従来からの設定とあわせ、幅広いニーズに応えるラインアップとなった。

また、BMWレーザーライトや、リモートパーキングが新たに標準装備され、よりプレミアム感を高めたモデルとなっている。更に、Mスポーツにおいては、20インチMライトアルミホイールダブルスポークスタイル648Mが標準装備となる。

なお、740e iPerformanceにおいては、レザーフィニッシュダッシュボードや、パーキングアシストを廃止し、シートをエクスクルーシブナッパレザーからダコタレザーへ変更する等、価格を抑えた仕様とした。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW 7シリーズ の関連編集記事

BMW 7シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 7シリーズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR