autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 顔が超絶カッコイイ!ホンダが新型フィットでコンパクトカーのシェア巻き返しへ

自動車ニュース 2017/6/29 11:30

顔が超絶カッコイイ!ホンダが新型フィットでコンパクトカーのシェア巻き返しへ

ホンダ フィット ハイブリッドS Honda SENSING/2017年6月マイナーチェンジ

ホンダは、コンパクトなボディながら、広い室内空間と優れた使い勝手が好評のフィットに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)※1」を採用するとともに、内外装、乗り心地、静粛性、燃費性能など全領域で商品性を向上させ、6月30日より発売する。

価格(消費税込)は、142万8840円~236万7360円。

>>マイナーチェンジ後のフィットを写真でチェック!(画像58枚)

▼今回のマイナーチェンジのトピックス

・Honda SENSINGの適用

衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する8つの機能が備わったHonda SENSING(※1)を採用した。

・内外装のデザイン進化

ホンダ フィット/2017年6月マイナーチェンジ

エクステリアは、バンパーを刷新し低重心でワイドな印象に仕上げたほか、インラインタイプのLEDヘッドライト(※1)を採用するなど、スポーティさや先進性を表現した。

インテリアは、上質感や心地よさにこだわった素材、カラーコーディネートを採用。各グレードのキャラクターを際立たせる専用のインテリアカラーも用意している。

・静粛性と乗り心地の向上

ボディ剛性の強化や遮音ガラス(※2)の採用などにより、静粛性と乗り心地を向上させている。

・爽快な走りと優れた燃費性能をさらに進化させたパワートレイン

ガソリンモデルに採用している1.3リッター アトキンソンサイクル DOHC i-VTECエンジンと1.5リッター直噴DOHC i-VTECエンジン、そしてハイブリッドモデルに採用している「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド) i-DCD」のいずれのパワートレインも、それぞれの特性を活かし、きめ細かなチューニングを実施。スムーズな加速フィールなど、運転する楽しさと優れた燃費性能を進化させた。

また、Aピラーやフロントアンダーカバーなど、細部にわたり空力を考慮した形状変更を施し、燃費性能を向上させている。

※1 タイプ別設定

※2 ハイブリッドS・ホンダセンシングのみに適用

>>マイナーチェンジ後のフィットを写真でチェック!(画像58枚)

ホンダ 新型フィット

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ フィット の関連編集記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連編集記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR