トヨタ 新型クラウンの本命はアウトドア派のSUVだった! クラウン・アウドドア・コンセプトが市販化に匹敵するワケ【東京オートサロン2023】

画像ギャラリーはこちら
2023年1月13日(金)〜15日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催されていた東京オートサロン2023。ホール11では、同時開催として「東京アウトドアショー2023」も行われていました。

クルマの展示のほか、アウトドアグッズ・アイテムなども展示されていた同ホールでは、トヨタの人気SUV「クラウンクロスオーバー」のカスタマイズモデルが展示されていました。クラウンクロスオーバーのカスタマイズモデルを詳しく見ていきましょう。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ 新型クラウンクロスオーバーの概要
  2. クラウン・アウトドア・コンセプトの外観(エクステリア)
  3. 新型クラウン七変化! 新型クラウンエステートにも期待が高まる
  4. 今後クラウン・アウトドア・コンセプトやシューティングブレークのようなモデルが登場する可能性も!

トヨタ 新型クラウンクロスオーバーの概要

トヨタ クラウンは長年にわたり、日本向けの上級セダンとして発展してきました。しかし、2022年に発売された新型クラウンクロスオーバーは、その名前の通りSUV風のデザインです。2021年のクラウンの売れ行きは、最盛期だった1990年の10分の1程度まで落ち込み、生き残りを賭けて大幅な路線変更を行ったのです。

新型クラウンクロスオーバーの基本スタイルは、ボディの後部に独立したトランクスペースを備えるセダンですが、タイヤは大径です。19インチと21インチをグレードに応じて標準装着しています。フロントマスクは精悍な印象で、全高は1540mmと高く、外観の存在感も強いです。

そして東京オートサロン2023と併せて開催された東京アウトドアショー2023には、クラウンクロスオーバーをベースに開発された「クラウン・アウトドア・コンセプト」が出品されていました。

クラウン・アウトドア・コンセプトの外観(エクステリア)

クラウンクロスオーバーの本質を表現したコンセプトモデル

クラウン・アウトドア・コンセプトの外観を見るとワイドなフェンダーが装着され、全幅は60mm広がって1900mmです。タイヤサイズは18インチ(265/60R18)で、銘柄は走破力の優れた悪路向けのBFグッドリッチ・オールテレインT/Aでした。

タイヤの変更と相まって、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)も50mm高い195mmとしており、悪路のデコボコを乗り越えやすいです。全高も1590mmに持ち上がりました。

このほかフロントまわりにはLEDライトと牽引用フック、ルーフにもアルミ製キャリアとLEDライトを装着しています。アウドドア・コンセプトという名称通り、冒険に出かけるような雰囲気です。

クラウン・アウトドア・コンセプトの外観を見て気付いたことは、オーバーフェンダーなどを装着しながら、外観の視覚的なバランスが整っていることです。パーツの後付けによる違和感がありません。最低地上高も50mm高めながら、通常のグレードのように見えます。ショーモデルなのに、完成度は市販車並みです。

その理由は、開発の初期段階におけるクラウンクロスオーバーの外観イメージが、クラウン・アウトドア・コンセプトに近かったからです。これが開発の過程でスポーティ感覚を強め、全幅も1840mmに抑えられ、市販車の外観に仕上がりました。

いい換えれば、クラウン・アウトドア・コンセプトは、クラウンクロスオーバーの本質を表現したモデルといえるでしょう。

新型クラウン七変化! 新型クラウンエステートにも期待が高まる

そして開発段階では、クラウン・アウトドア・コンセプトのスポーティなワゴン版(シューティングブレーク)も検討されたようです。

クラウン・アウトドア・コンセプト、あるいは市販されているクラウンクロスオーバーのルーフを後方まで長く伸ばし、その後部をリヤゲートを備えた荷室に変更すると、メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレークのようなルーフの低いワゴンになります。

このシューティングブレークのアイデアは採用されず、今後登場する新型クラウンエステートは、既に披露されたようにSUVの典型です。荷室に装着する3列目シートも採用され、広い居住空間と荷室によって実用性も高く、エステートはクラウンシリーズの売れ筋モデルになります。

新型クラウンの使命は、売れ行きを着実に高めて、未来に向けて存続させることです。そのためにクラウンを人気カテゴリーのSUVにして、ボディタイプも豊富に用意します。販売面で中心に位置付けられるのが新型クラウンエステートですから、売れ行きを伸ばしやすい実用性と、上質感を兼ね備えたSUVになります。

今後クラウン・アウトドア・コンセプトやシューティングブレークのようなモデルが登場する可能性も!

しかしその一方で、クラウン・アウトドア・コンセプトやシューティングブレークが登場する可能性もあるでしょう。理由は2つあります。

まずは前述の通り、クラウン・アウトドア・コンセプトが市販可能な状態に仕上がっていたことです。

市販されている新型クラウンクロスオーバーが採用していないトランクスルーも備わり、後席の背もたれを前側に倒すと、トランクスペースの床面積を拡大できます。後席のノイズは拡大しますが、積載性が高まり、実用性の向上はクラウン・アウトドア・コンセプトの外観とも親和性が高いです。

2つ目の理由は、今後の新型クラウンクロスオーバーの売れ行きです。SUVとしては荷室の実用性が低く、セダンに求められるフォーマルな雰囲気も希薄です。特にSUVのユーザーから見ると、商品力に中途半端な面があり、そこを補う意味でもクラウン・アウトドア・コンセプトやシューティングブレークを加える可能性があります。

クラウン・アウトドア・コンセプトの外観を見ると、新型クラウンがSUVに発展した意味が良く分かります。開発チームが本当に造りたかったクラウンも、クラウン・アウトドア・コンセプトのようなSUVなのでしょう。

その意味でクラウン・アウトドア・コンセプトは、いわゆるショーモデルとは性格が違います。今後の市販化に期待したいですね。

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:堤 晋一/MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンクロスオーバーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンクロスオーバーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンクロスオーバーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンクロスオーバーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンクロスオーバーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる