光岡 ヒミコがフルモデルチェンジ! 2018年2月22日、4代目ロードスターをベースに個性派オープンカーが誕生

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:小鮒 康一/オートックワン編集部

ミツオカ 新型ヒミコ、価格は497万8千円から

およそ9年ぶりのフルモデルチェンジとなった光岡自動車の2シーターオープンスポーツカー”ヒミコ”。ベースとなったのは先代に引き続きマツダ ロードスターであり、今回はND型がベースとなっている(車両型式もND5RC改だ)。価格は497万8800円~598万3200円(消費税込)。

>>新旧”ヒミコ”を徹底比較![画像130枚!]

新型は変わってないようで大きく変わっていた

ベース車がコンパクト化されたこともあって、ヒミコもホイールベースが先代に比べて120mm短縮し(それでもベース車よりも600mm延長されているが)、リアオーバーハングも15mm短縮された。その分フロントオーバーハングを140mm延長し全体のバランスを整え、前後重量配分は48:52とかなり良好な数値をマークしている。

BMW ミニ用のヘッドライトや日産 ピノ用のウインカーレンズ、IPF製の汎用テールランプ(これはロータス エリーゼにも採用されているが)など、エクステリアを構成するランプ類は先代から継続して使用しているため、全体の雰囲気は似通っているが、細部を見て行くとかなり変更が加えられていることがわかる。

とくにリアは、海外の横長ナンバープレートも装着できるように新たにナンバープレートベースを作成しているが、これは古い英国車などがトランクリッドにトランクケースを積載していたイメージで作られており、デザイナーの遊び心を感じ取ることができた。

空気の流れを見直して安定性をアップ

先代型は速度を上げて行った際にややフロントの接地感が薄くなることがあった反省を生かし、フロント周りの空気の流れを徹底的に見直している。フェンダーに設けられたダクトは、先代はダミーだったのに対して新型はしっかり穴をあけて空気が流れるようにしているほか、フロントウインカーとフォグランプの間にもスリットを増設。さらにフロントフェンダー内にも整流版を設けてスムーズに空気が流れるようになっており、見えない部分で大幅に改良が施された。

前後サスペンションは、ボディのジオメトリー変化などを考慮して専用品へ変更。ベース車のロードスターは人馬一体の軽快なハンドリングが特徴的だが、ヒミコに関してはグランドツーリング的な乗り心地がよく安定した走りが楽しめるキャラクターへと変貌を遂げている。

ベース車はソフトトップ仕様。MT車も久々に復活

先代ヒミコは最終的にRHT(リトラクタブルハードトップ)に6速ATの組み合わせのみとなっていたが、新型は全車ソフトトップで、全てのグレードで6速MTが選べるようになった。グレードはベース車のND型ロードスターに準じ、S、Sスペシャルパッケージ、Sレザーパッケージ、そして2018年3月31日までの期間限定販売となるRED TOPが用意され、ビルシュタインサスペンションなどが装着されるRSやモータースポーツベース車のNR-Aは用意されていない。

こうなると同じくリトラクタブルハードトップを持つロードスターRFベースや、海外仕様の2リッターエンジン搭載車の導入を期待したくなるが、関係者によるとRFは先代と異なりリアセクションが格納されないため、ヒミコのボディラインとのマッチングが難しいとのこと。また2リッターエンジンも検討しなかったわけではないが、登録等の問題で費用がかさんで車両価格が大幅に上がってしまうため、現状では1.5リッターエンジンのソフトトップの組み合わせに落ち着いたそうだ。

ND型ロードスターオーナーも欲しくなるオプション品が豊富

光岡のイメージリーダーとなるヒミコだけにオプション装備も豊富。デコレーションパネルやドアトリム、シフトブーツのアルカンターラ化はロードスターにもオプションで用意されているものだが、ヒミコにはDAMD社製のアルカンターラステアリングや、キャメル×ブラックカラーのアルカンターラシートもメーカーオプションで用意される。これはロードスターオーナーがうらやましく思えるポイントと言えるだろう。

ほぼ手作業で作られるために月産2~3台が精一杯というヒミコだが、それだけに特別感はひとしお。人と同じクルマはイヤ、という人は一度ショールームに足を運んでみる価値はあるだろう。

[レポート:小鮒 康一]

新型ヒミコ 動画<株式会社光岡自動車>

ミツオカ 新型ヒミコ 主要スペックをマツダ ロードスターと比較

 
車種名 ミツオカ ヒミコ マツダ ロードスター
駆動方式 後輪駆動(FR) 後輪駆動(FR)
トランス
ミッション
6速MT or 6速AT6速MT or 6速AT
価格(税込) 4,978,000~5,983,200円 2,494,800~3,208,000円
JC08モード燃費  ー 17.2~18.6km/L
全長 4,580mm 3,915mm
全幅(車幅) 1,740mm 1,735xmm
全高(車高) 1,235mm 1,235mm
ホイールベース 2,910mm 2,310mm
乗車定員 2名 2名
車両重量(車重) 1,130~1,200kg 990~1,060kg
エンジン 直列4気筒 DOHC 16V 直噴ガソリンエンジン
直列4気筒 DOHC 16V 直噴ガソリンエンジン
排気量 1,496cc 1,496cc
最高出力 131ps(96kW)/7000rpm 131ps(96kW)/7000rpm
最大トルク 15.3kg-m(150Nm)/4800rpm 15.3kg-m(150Nm)/4800rpm
燃料 無鉛プレミアムガソリン 無鉛プレミアムガソリン
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

光岡自動車 ヒミコの最新自動車ニュース/記事

光岡自動車のカタログ情報 光岡自動車 ヒミコのカタログ情報 光岡自動車の中古車検索 光岡自動車 ヒミコの中古車検索 光岡自動車の記事一覧 光岡自動車 ヒミコの記事一覧 光岡自動車のニュース一覧 光岡自動車 ヒミコのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる