50周年のデリカや新型アウトランダーPHEVが登場!PHEVにピッタリな電動アシストマウンテンバイクにも試乗した!

今年はデリカ50周年!デリカD:5の限定車「ジャスパー」

2018年7月下旬、静岡県のとあるキャンプ場にて三菱自動車の新型SUVの試乗会が開催された。当日のメインイベントであったエクリプスクロスの試乗レポートは追って掲載するので楽しみにしておいてほしい。

まずはこちら、デリカD:5の夏の特別仕様車「ジャスパー」だ。

>>三菱 デリカD:5 ディーゼルの燃費レポートはコチラ!

ジャスパーにはピンストライプ、各部のデカール、メッキのフォグランプベゼルとドアミラー&アウタードアハンドル、ダーククロームに塗られたアルミホイール、7インチWVGAディスプレイ、運転席パワーシート、スエード調シートなど専用のオリジナル装備が与えられているほか、アウトドア感をアップさせるカーゴフェンスやマッドフラップ、フロアマットなどのオプションも多数用意される。定員/エンジンの仕様は8人乗り・クリーンディーゼルとなっている。

デリカD:5はパジェロ並みの悪路走破性を持つRVの性能を持ちつつ、しっかり7/8人が乗れるミニバンでもあるという稀有なモデル。「デリカじゃないと」と語るコアなオーナーもいるほどの存在感を誇る。

なお、1968年にデリカトラックとして登場以来、デリカは今年50周年を迎える。1969年に追加されたバンモデルの「デリカバン」も今なおラインナップに健在だ。デリカD:5はデリカスターワゴン、スペースギアから連綿と続く「オフロード4WD型ミニバン(1BOX)」の伝統を今に受け継ぐビッグネームモデル。4WDに強い三菱らしさいっぱいのクルマなのである。

>>三菱の新型SUVの画像ギャラリーはコチラ!

バッテリー容量が15%向上した新型アウトランダーPHEV

エクリプスクロスの試乗会が行われたキャンプサイトには、8月下旬から発売が予定されているマイナーチェンジ版の新しいアウトランダーPHEVも展示されていた。外観ではヘッドライトやラジエターグリル、フロント/リアバンパー下部のプレートデザインが変更になるほか、インテリアもさらに上質に。

注目はPHEVシステムのブラッシュアップで、エンジンが2リッターから2.4リッターになったことで充電性能を改善したほか、駆動用バッテリー容量が15%アップしてEV時の航続距離が65kmに延長されるなどEVとしての性能向上が図られている。

PHEVにぴったり!? 誰もが笑顔になる電動アシストマウンテンバイクを試乗

アウトランダーPHEVの展示スペースには自転車も用意されていた。でもよく見るとアウトランダーPHEVから給電されている。そう、これは電動アシスト自転車なのだ。

2017年にパナソニックから発売され大好評の電動アシストスポーツタイプ「Xシリーズ」のラインナップ拡充に伴い、昨年登場した電動アシストマウンテンバイク「XM1」の改良モデルと、新たに加わった電動アシストマウンテンバイクの上位モデル「XM2」、そして電動アシストクロスバイク「XU1」の3モデルが新たに登場。いずれも2018年7月2日から発売されている。

試乗会会場ではこの電動アシストスポーツバイクの試乗も行うことができた。自分の前のターンでは、試乗に出て行くと皆「ひゃー!」と声を上げる。電動アシスト自転車を漕いだことがあるが、その声はどこから出るのかな?と正直に思った。

でも自分の試乗の番がやってきて、またがってペダルに足を乗せるように促されて同じような声が出た。足をかけたら、それだけでペダルがかなりの力でアシストしてくるのだ。ブレーキをかけていないと、そのまま進んでいってしまう!

インストラクター氏の指示に従い、漕ぎ出す……と、また声が出た。これまで経験したことがないほどのアシスト量。ほぼ漕いでないように思えるほど。でも自転車はずんずん進むのだ。アシストがないと登れないだろうなという登坂もへっちゃら。

絶対に無理!と思うような場所も走れてしまうので、ついつい笑みがこぼれる。インストラクター氏は「乗るとみんな笑顔になるんですよ」と語ってくれた。普段あまり自転車に乗らなくなってしまった筆者だが、これならどこでも漕いで行きたい!と思うほどに楽しかった。

アウトランダーPHEVなら前輪を外せば2台を車内に積むことができるし、もちろん充電も可能だ。電動アシストマウンテンバイクを積んでキャンプに出掛け、キャンプ場周辺でサイクリングを楽しむこともできてしまう…。PHEV唯一のSUVであるアウトランダーPHEVであれば、電気を上手に使った快適で楽しいアウトドアライフが過ごせてしまうのだ。

三菱 アウトランダーPHEVと、サイクリングに新しい価値を与える電動アシストスポーツバイクの相性は抜群だと感じた。

[Text:遠藤 イヅル Photo:土屋 勇人]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アウトランダーPHEVのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アウトランダーPHEVの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アウトランダーPHEVの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アウトランダーPHEVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる